Junk In The Box: ELO Fan Blog

ELOやMoveのファンブログ+洋楽や洋画のレビュー

 
ELO (E.L.O.、Electric Light Orchestra、エレクトリック・ライト・オーケストラ)および関連するアーティスト(The Move, Jeff Lynne;ジェフ・リン, Roy Wood;ロイ・ウッド, ELO Part 2, The Orchestra, Louis Clark, OrKestra, Dave Morgan, Violinski等々)のファンブログです。その他の音楽や映画、書物、NFLの話とかもしています。
これまでのレビューをこちらにまとめてありますので、過去のアイテムをお探しの方はご利用下さい:ELO/Move関連ELO以外の音楽映画、その他
Facebookに日本語ディスカッション用グループを作りました。お気軽に参加下さい。 Spaceship over Shard End sky

リンク集

私の個人サイト



ELO・Moveファン (Japan)---Facebookグループ---

Paradise Garden:ELOをテーマにした私のホームです。放置状態。
Junk In The Box BBS:従来使っていた掲示板です。やはりELO中心。
Mr. Blue Sky:私の日記です。
ELO album database:作り始めで放置状態のアルバムデータベース。
Mixi
こちらでレビューしたELO関連作品の一覧ELO関連以外の音楽の一覧映画の一覧

オフィシャルサイト
Face The Music (FTM):Move / Roy Wood / Electric Light Orchestra / Jeff Lynneのリリース関連の大本営です。
elo.biz:Jeff Lynneのオフィシャルサイトの筈ですが、稼働していません。
The Move Online:The Moveのオフィシャル。
Roy Zone:Roy Woodのオフィシャル。
The Orchestra Official Site:The Orchestra(もとELO Part2)のオフィシャル。
Wayne's World;Carl Wayneのオフィシャル。
Showdown mailing list:Electric Light Orchestraのオフィシャルメーリングリスト。

海外のファンサイト
Jeff Lynne song database:Robert L Porterのサイトで、Jeff Lynneの曲について網羅的にまとめられています。
Cherry Blossom Clinic:Martin Kinchのサイトで、Roy Wood関連のレアフォト満載です。
Rockaria:Chris Landtのサイトで、Electric Light Orchestra全曲の歌詞が閲覧できます。
ELO Network:Jim HobanによるELO Networkが復活しています。ファンサイトとしてはピカイチ。
Discovery:実は新しいニュースが豊富に手に入るサイトです。

人気ブログランキングへ


アンケート

過去ログ

掲示板

カレンダー

2021年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

メッセージBOX

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:TKJ
Elliotのギターに関しては、派手なギターソロを聴きたいので、New Carsがスタジオアルバムを作るなら、是非昔ながらのソロを弾いてほしいです。ソロが好きな曲は、Touch And Go、Tonight She Comes、それからRicのソロでTrue To Youです。

Niagara Fallsは、輸入盤店でたまたま見つけて買いました。シンセポップで、曲自体はあまり面白くなかったような覚えがあります。カセットに落として今でも持っていますが、最後に聴いたのはずいぶん前で、内容もうろ覚えです。LPはもうプレイヤがないので。
投稿者:メリ
こんにちは。またおじゃまします。
遅ればせながら、NewCarsの感想いきますね
まず、嬉しかったのはカーズ時代よりもエリオットのギターが強調されているような感じ
それは、トッド・ラングレンの編集のせいも
あるかもしれないけれど、とにかく私としてはエリオットが楽しそうに嬉しそうにカーズ
の曲を弾きまくっている様子が伝わってきて感激しましたわ。グレッグのキーボードも相変わらずうまくて、ホンとに彼は音の魔術師だと思う。TKJさんの言うようにエリオットとグレッグがいればこれだけカーズの音って再現できるんですね。世間では「こんなのカーズじゃないとか、ベンとリックがいなくちゃ意味がないとかいろいろ批判の声はありますが、私は「Drive」ベンボーカルもカシムボーカルも両方いいです。(ただなんでカーズに縁もゆかりもない人にこの名曲を歌わせなきゃいかんと疑問に残りますが・・。)カシムのことは嫌いではありません。カーズも
NewCarsも別個のバンドとして考えればいいんですよね。あと惜しむらくはドラムね。ドラムはやっぱりデイヴィッドじゃなきゃ・・
スタジオアルバムもでるのかなー。楽しみです。今度はエリオットも曲作りに参加させてもらえそうだし。TKJさんって、グレッグのソロも知ってるんですね。凄いなー。

投稿者:TKJ
私はLet's Goがラジオでかかっていたとか、Dream Awayが大阪モード学園だったかのCMに使われていたとかは知っていますが、Carsを意識して聴くようになったのはHeartbeat Cityからでしたので、22-3年目になりますかね。Door To Doorの後の来日には期待していたのに・・・ショックでした。

個人的に、New Carsに対してどのような受け止め方をすべきなのかは、とにかくスタジオアルバムが出てくれないと決められそうにありません。
投稿者:メリ
こんにちわ。私のつたない、コメントにお返事をいただきとても嬉しいです。(涙がでるほど嬉しい)ありがとうございます。
ニューカーズ、日本発売してくれないと来日できないですよね〜。
今年は私がカーズに出逢って20年目の記念すべき年なので、ぜひともエリオットやグレッグを生で見たいと思っているのですが・・・。(もしくは来年でもいい。)
また,話を聞いてください。
 
投稿者:TKJ
こちらこそはじめまして。

でも、私も日本レコード会社のこととかよく知りませんので。この面子でのスタジオアルバムも聴いてみたいなと思います。
投稿者:メリ
はじめまして
ニューカーズいつ日本発売になるのでしょうか?
投稿者:TKJ
コメント感謝いたします。経緯は整理できました。
Toddみたいなestablishしたミュージシャンがここで
出てくるとは意外だったんですよ。ELO関連でも、Jeff
Lynneが昔やっていたIdle Raceというバンドがあっ
て、Jeffが抜けたあとに収まったのがSteve Gibbons
で、彼は最初Jeffのように歌うことを求められたけれ
ど、それをよしとせずに結局もとのメンバーを追い出
してSteve Gibbons Bandに変貌させたという話があり
ます。New Carsのケースではどういう折り合いがつけ
られるのかと思っていたら、予想以上にオリジナルを
リスペクトしていて(上でも書いたように物真似にす
ら思える)、ある意味ほっとしてある意味物足りなく
感じます。

RicたちがCarsでやり残したことを示してくれるような
バンドでいてくれるのであれば、それは歓迎したいで
すね。RicのソロはファンサービスとしてCarsっぽい曲
を1曲やるくらいであとは我が道を行ってますから(嫌
いというわけではないにせよ)。

あと、私はCarsの全曲中最も好きなパートはTouch
And Goのギターソロなので、ElliotにはCarsスタイル
のギターをばりばり弾いてほしいです。Benのソロ再発
も楽しみです(アナログしか持ってないので)。この
際だからNiagara Fallsも出ないでしょうか。もはやJet
Lagの1曲しか覚えてないんですが。
投稿者:蛙
初めてコメントさせて頂きます^^
私はトッドのファンで、カーズについては洋楽を聴き始めた頃に丁度You Might Thinkがヒットしていたので、そこそこ聴いたのと、何故かリック・オケイセックのソロアルバムを購入したりもしているので、少し好きだったという程度の輩なのですが・・・
まずNew Carsの成り立ち?についてですが、仰るとおりリックが再結成に首を立てに振らなかったので、代替のフロントマンを探すことになったエリオット&グレッグとマネジメント側は第一候補としてトッドをリストアップしたらしく、オファーに対して迷ったけどOKしたというコトをトッドはインタビューで語っていました。
判りづらいのはトッド以外のメンバーもUtopiaのカシム・サルトン、元Tubesのプレイリー・プリンスとあからさまにトッド系人脈なので、まるでトッドがNew Carsの企画の発起人のように見えてしまうかも?なところですね^^
で、このアルバムのライブ部分ですが、これは今年の1月に行われたショウケースライブからの音源なので、5月からスタートしたツアーの言わばリハーサルのようなモノなので(ショーケースは3日ほど演ったようなのですが、かなり歌詞間違えたり忘れたりという感じだったらしいので、だいぶ編集とかしている模様)、New Carsが本格的にプロモーションを始めた3/17頃からアチコチで見れたり聴けたりした直近のライブ演奏を聴いた感じだと、バンドとしてだいぶ良い演奏になってきているし、トッドとカシムのボーカルもリックやベンのイメージを大きく変えないように努力しつつ、自分達のスタイルも出しつつなバランスのとれた感じになっていました。
ですが、5月から始まったNew Carsのツアーですが、6月中旬にエリオットが移動中に鎖骨を骨折するというアクシデントで現在は中断中。9月頃に一部再開、上手くいけば11月頃のツアーを再スケジュールという感じのようです。

拍手ランキング

過去1週間の間に拍手はありません。

最近の大きなニュース(日付クリックで詳細記事へ)


(9/10) Rosie Velaの旧譜Zazuが再発されました(Jeff Lynneは無関係です)


(9/7) ELOの旧譜11枚が廉価版・収納ボックス入りで再発されますが、サウンド的にはリマスター盤と変わりません


(9/6) Jeff LynneはBuddy HollyのトリビュートアルバムListen To MeでWords Of Loveを演奏・プロデュース


(9/5) ELOの新たなコンピレーションEssential Electric Light Orchestraが発売予定(同名の旧タイトルとは異なり2枚組)

(9/3) Mr. Blue SkyはUKシングルチャートのトップ100に上昇しました


(8/26) Roy WoodプロデュースでThe Dartsが79年に発表したDart Attackが再発され、DartsバージョンのSing Out The Old... Bring In The New...が収録されました


(8/16) Tandy & Morganの1986年アルバムEarth Riseがリマスターとボーナストラック入りで再発されました

(8/15) Louis ClarkはHooked On Classics30周年を記念したコンサートを年末に開く予定

(8/1) 映画PaulにDon't Bring Me DownとAll Over The Worldが使われていますが、前者のみ再録バージョン


(7/14) Black SabbathのアルバムBorn Againのデラックス盤にBev Bevanが参加したライブバージョンがボーナスで収録されています

(7/10) 映画Super 8において、再録のDon't Bring Me Downが使われています

(6/29) 映画Larry CrowneでHold On Tight、Calling Americaが使用されているようです

(6/26) 映画The Invention Of Lyingで再録のMr. Blue Skyが使われています


(6/21) Dave Morganの自伝Pattern In The Chaosがデジタル販売されています

(6/18) Julianna Rayeの未発表曲がストリーミングされており、その中にはSomething Peculiarセッションのものもあります


(6/11) 映画All This And World War IIを.aviで見ることができます

(6/7) Mik Kaminskiへのインタビューが公開されています


(5/11) All Over The Worldがジャケットデザインを一新して再発されます

(5/9) Concert For GeorgeがBlu-Rayで再発されました

(5/6) Wilburysリマスター盤でvinylにのみ収録されていたNot Alone Anymoreの別バージョンがyoutubeで聴けます

(5/1) Jeff LynneはLAで開催されたBrit Weekに来場しました


(3/26) db-InfusionのアルバムMuso & ProudにHugh McDowellが参加しています

(3/24) 1924年のサイレント映画The Thief Of BagdadにELOの楽曲がサントラとして付加されたバージョンが上映されました

(3/18) BMWのCMにMr. Blue Skyが使用されました

(3/16) Jeff LynneがLAのレストランでRichard Tandyらと食事をとったことが目撃されました

(3/7) Bev BevanもBirminghamのBroad Streetで星を授与されました

(3/6) Roy Wood's Wizzo BandのSight & Soundライブがyoutubeで視聴可能です

(2/28) ELOの1972年ライブ映像が2曲発掘されました


・(2/19) ELOの1982年ミュンヘンライブがpodcastで聴けるようになっています

(2/15) Idle RaceのBBCライブからDeboraが発見されてyoutubeで聴取可能です


(2/8) Regina SpektorのライブDVDにBlue Lipsのインストルメンタルバージョンが収録されています

(2/1) Jeff LynneはAdam SandlerのパーティでSandlerと共にステージを務めました


(1/26) Flowers In The Rainの新録バージョンを含むAnnie In Wonderland (Annie Haslam)がリリースされました(CD及びダウンロード)

(1/17) Roy Woodは2011年リリース見込みの新しいコンピレーションはMusic Bookと題され、未発表曲などを含む予定であることを明らかにしました

(1/9) Roy WoodはClassic Rock MagazineのClassic Rock Roll Of Honourを受賞しました

(1/4) Jeff LynneがプロデュースしたRossif Sutherlandのソロアルバムはようやく2011年リリースの見込みです


これより古いニュースは、2011年3月3日2010年9月5日2010年3月2日2009年10月1日2009年3月30日2008年9月7日2008年4月6日2007年9月1日2007年3月1日2006年8月29日2006年3月27日のエントリに移しました

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

QRコード

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ