Kentaro Nishino's Official Blog 

画家、西野健太郎のアトリエ日記

 

展覧会



☆ジャパンアートエキスポ☆

【東京会場】サンシャインシティ 展示ホールD(文化会館ビル2F)
【日程】2022年6月3日(金)〜 5日(日)

【愛知会場】吹上ホール2F 第1ファッション展示場
【日程】2022年6月10日(金)〜 12日(日)

【主催】アールビバン株式会社

【詳細】原画作品を取り扱うアールビバン株式会社主催の会員限定イベントです。年に十数点しか描けない原画のほぼ全てをこのイベントにて発表しています。詳しくはアールビバン株式会社までお問い合わせください。

アートグッズ


☆ジグソーパズル☆

エポック社製の新作ジグソーパズルです。絵柄は3種類 「いっしょの夜」フクロウ、「月夜の寄り添い」ウサギ、「親子のひととき」ネコです。小さめのサイズで飾りやすい絵柄です。オンライン限定で発売されている商品です。



☆クリアファイル両面A4☆

オリジナル両面絵柄クリアファイルA4サイズ14種類をアトリエからご購入できます。



☆ポストカード5種類セット☆

動物ごとに代表作をコレクションしたオリジナルポストカード5種類セット7シリーズをアトリエからご購入できます。



☆カタログ画集☆

「代表作」「木の記憶」シリーズ作品を多数掲載したカタログ画集2冊セットです。制作過程や自然の中で撮影した作品も掲載されており、見応えがあります。


いしかわ動物園の正面入口ズーショップダンに西野健太郎アートグッズコーナーがあります。動物園限定の商品なども取り揃えております。

作品の販売

アールビバン株式会社
全国各地で開催する展示会にて原画作品を取り扱っております。オーダー原画も受け付けております。

その他、作品についてご質問などございましたらアトリエまでお問い合わせください。
お問い合わせ

待受画像



待受アートパラダイスから、西野健太郎作品の待受画像を多数配信しています。

西野健太郎プロフィール



1980年 石川県金沢市生まれ。

2003年 アカデミーオブアート大学(米国サンフランシスコ)卒業。

2005年 第2回日本アートアカデミー賞 準グランプリ受賞。

2006年 カナダのArtist for Consevationの招待作家に選出され、世界中の動物画作家と共に作品を通して自然保護を訴える活動を始める。

2015年 世界最大の動物画国際コンクール Artist Conservation Festival にて、2015年の世界トップ80人に選ばれる。

現在、ジグソーパズルなどの関連商品が東アジア、北米、ヨーロッパを中心に世界数十カ国で発売され、動物の家族をテーマに優しさあふれる作品は世界中の多くのファンに愛されている。

オフィシャルサイト



過去の作品や新作を、動物の種類別に紹介しています。

SNS







Facebook, Instagram, Twitterでも情報発信しています。

所属団体



カナダに本部のある動物画の世界的な作家団体Artist for Conservationのメンバーとして、作品を通して野生動物、自然の素晴らしさ、その保護の大切さを伝え、作品の売上の一部を自然保護団体などに寄付する活動をしています。
自身の作品の他に、世界中で活動している動物画家の作品や、活動なども紹介されています。

木の記憶


"木の記憶"作品シリーズ

樹皮が付いたままの間伐材を年輪に沿ってドリルやノコギリを使って削り、その中にアクリル画を収めた作品です。動物たちも、人間の前では警戒してあまり見せないような、子供や兄弟や仲間を思う姿があり、そんな動物たちの姿を何世代にも渡ってみてきた木の記憶を、木の年輪を通して表現しています。また、間伐材を作品に使うことで、森の再生を促す活動もしています。

過去ログ

QRコード

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:西野健太郎
>なつさん

こちらこそありがとうございます。
僕も学生の頃は画家になれるか不安で、いろいろな分野をかじって回り道をしていましたが、今思うと
その経験が新しい表現に結びつくアイデアの種になっていたり、すべて今の仕事の肥になっています。

織絵さんのお言葉をお借りしますが、絵を描くのを楽しんで、勉強頑張って下さい!
投稿者:西野健太郎
>織絵さん

コメントありがとうございます。
いろいろな方との出会いをつなげてくれる作品には本当に感謝です。

新作のフクロウを楽しみにしていて下さって嬉しいです。
3作品同時進行で、筆を使ってまだまだフクロウの羽と格闘中です。
投稿者:なつ
丁寧なお返事を下さりとてもうれしいです!
将来のいろんな不安もありますが、夢を追いかける勇気を頂きました。
本当にありがとうございます!

そして織絵さんにも励ましのお言葉頂いてありがとうございます。
がんばります!!
投稿者:織絵
私も西野先生の作品に出会い、絵画は言葉では現せない、愛情や絆をこんなにも伝えられるものなんだと、とても感動しました
そして大切なもの守るために強くならなければ、と考え方も少し変わりました
新作のフクロウもとても楽しみですo(^-^)o

そして、なつさん
この場をおかりして、伝えて良いのかわかりませんが、なつさんがすばらしい画家になるのを楽しみにしています
油絵の勉強頑張ってくださいm(_ _)m
投稿者:西野健太郎
>なつさん

コメントありがとうございます。
お返事遅くなってすみません、、

この活動を通して、そのように感じて下さってとても嬉しいです。
一人で出来ることは限られていますが、活動をお伝えすることで、同世代や若い方が自分もやりたいと思って行動をして下さり、それが大きな力になってくれればと思ってブログなどに書いています。

画家という職業が社会の中でどのような役割を担っているのかというのははっきりとした答えはありません。
それが分かりにくい職業でもあると思います。

仕事として絵を描くのは食べていくためという理由もありますが、それだけでは仕事とは言えないと思います。
自分の表現を追求していくことも大切ですが、それがどれだけ社会の役に立てるのか、それを考えていくことも画家としての仕事だと思います。

社会の中での役割が分かりにくい仕事だからこそ、やる気さえあれば、いろいろな可能性を持っている職業でもあると思います。
いくらで売れるかとか、どれだけ有名かとか、絵はどうしても仕切りが高いイメージがありますが、音楽や映画のようにもっと身近に感じられるものになって、人に勇気や元気を与えられるような作品を描きたいと思っています。

音楽や映画のように一度に多くの人を感動させるというのは難しいかもしれません。
一人の方のために絵を描き、その方が絵を家に飾って、毎日その絵と向き合っていくうちにその絵が家族のようになってその人の人生を豊かにしてくれれば、それは画家として幸せなことです。
投稿者:なつ
はじめまして。
私は美大で油絵の勉強をしていて、将来画家を目指しています。
西野さんの画家としての姿勢、とても尊敬しています。

美術作品はいくらで売れるかとか、どれだけ有名かとか、世間ではそういうことばかりが注目されたり、画家の仕事はただ自分の表現を追求することだと思っていました。
でも西野さんのように、絵で社会の役にたつことが出来ると分かり、画家を目指す目標がひとつ増えました。

でもそれには人を説得できるだけの画力が必要です。
私には西野さんのような人の心に訴えるような作品はあまだ描けませんが、もっと技術を磨いて、いつか人の役に立てるような画家になりたいと思います。

勝手なことばかり書いて申し訳ありません。
感謝の気持ちを伝えたいと思いコメントさせて頂きました。
投稿者:西野健太郎
>和田先生

コメント下さりありがとうございます。
こちらこそ素晴らしい出会いと経験を与えて下さりありがとうございました。
これからの人生でずっと語り継いでいきたい、語り継がなければいけない、そんな経験でした。

陸前高田も瓦礫の山が至る所に残っていました。僕が泊まっていたホテルも先月再会されたばかりで、ボランティアでいっぱいでした。まだまだ支援は必要とされていることを実感しました。

なかなか東北へ足を運ぶことはできませんが、絵を通して出来ることを続けていきたいと思っています。
投稿者:和田啓子(グループ銀河)
銀河の和田啓子です。こちらこそ気仙沼では大変お世話になり有り難うございました。先生が贈呈した絵は、西野夫妻の優しさと共に気仙沼支援学校を守り続けるでしょう。ホテルは瓦礫処理のボランティアでいっぱいでした。自分には何ができるだろう?何をしなければならないのだろうか?・・・多くを考えさせられた気仙沼遠征でした。広い世界、長い時代の中で銀河の仲間と共に西野先生と出会えたことに心から感謝したいと思います。西野ご夫妻、本当に有り難うございました。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ