人気ブログランキング 
ご来院の際はここを一回プチット押してね!

頭痛の原因  ◎院長の臨床報告

頭痛の場合、脳に異常が無い限り一般的には首や肩の凝りから来ると言われておりますが、首や肩に異常が起こるのにも他に原因があるわけです。

指圧療法では、首と頭部の付け根を指圧して首の凝りを取り血流を良くすれば、そこそこの頭痛は取れますが、残る頭痛もあれば、取れてもすぐにまた復活してくるものもあります。

なぜでしょう? 

まず、残る頭痛というのは、首や肩の凝りから来るものではなく、つまり血流が悪くなって起こる頭痛ではないのです。だから首や肩の筋肉がほぐれて血流が正常になっても痛みが残るのです。

それから、取れてもすぐにまた復活してくる頭痛というのは、首や肩を指圧などでほぐしても、一時的にはほぐれて血流が良くなり頭痛もおさまりますが、凝っている部分を施術してもほぐれるのはその時だけで、また硬くなってきて血流が悪くなり頭痛も復活するわけです。 この場合は、首や肩の凝りを発生させている原因が他にあるから、元を断ってないためにまた症状が戻るのです。




50代女性

主訴 左右こめかみの頭痛、右後頭下部の頭痛。

仕事の大きなストレスがあり、朝起きると頭痛がして会社に行きたくない。

ご来院された時は、ストレスもあり頭痛もありで当然ニコリともせず沈んだ感じでした。

患「肩凝りのせいだと思うのですが頭痛がするので30分でお願いします。他のところは痛くないので。」

私「頭痛は、痛い所だけを治療しても良くならないので、他の部分もやりますね!」

患「はい、そうですか・・・」


施術開始

私「まず、こめかみの頭痛なんですけど、今痛みありますよね!」

患「はい、あります。軽く触っただけで表面も痛いです。」

私「そこの痛みの原因はここですよ!(下半身)」

患「えっ???」

私「ここの凝り、とってみますね!」

・・・・・・・・・・・・・・

私「さ〜どうですか〜? こめかみのところの痛みまだありますか?」

患「あれっ無くなりました! 触っても痛くないです!」

私「では、つぎに右後頭部の痛みの原因なんですが〜、ここ(お腹)痛いですよね〜! ここが一つの原因ですよ!」

・・・・・・・・・・・・・・

私「さ〜どうですか〜? 半分くらい楽になってませんか?」

患「はい、さっきよりいいです。楽になってます。」

私「もう一つの原因はここですね!(腕)」

・・・・・・・・・・・・・・

私「これでどうでしょう? 頭痛まだありますか?」

患「取れました〜っ!触っても痛くないです〜っ!表面も痛かったのに・・・・・もしよかったら時間長くしてもらって全体やっていただけますか?」

とのことで、全身施術とストレス治療も入れて・・・

私「ハイ、立ち上がってみましょうか!・・・どうでしょう?」

患「頭痛なくなりました〜!頭も肩も軽くなりました〜!ありがとうございました〜。」



ということで頭痛は肩と首だけじゃないんです!




【トップページに戻る】
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ