人気ブログランキング 
ご来院の際はここを一回プチット押してね!

プラスのエネルギーとマイナスのエネルギー  ◎院長の臨床報告

人の言葉にはエネルギーがあります。
人の意識にもエネルギーがあります。
言葉や意識のエネルギーには物事を現実化してしまう力があります。

ここでは“自分の意識が身体にどの様に影響してくるのか?”ということについて解説していこうと思います。


病気や痛みには原因がわかっているものもあれば、いくら検査してもわからない・検査に映らない・どこを調べても異常がないというものもあります。
検査で異常は見つからなくても実際に痛い苦しいなどの異常があるんです。

また、異常が見つかっても何故そうなってしまったのか原因がわからないという場合もあります。
結局のところ、見えている範囲内(検査に映る範囲内)で原因を探してもわからないことだらけです。

人間の身体はウイルス・食べ物・精神的肉体的ストレス・事故などでの損傷以外からも様々な力による影響を受け、病気や痛みなどの症状を引き起こしてしまいます。


その一つに自分の意識の力による影響があります。

意識の力(イメージの力)には物事を現実化してしまう力があります。それは良い方にも悪い方にもです。

例えば、スポーツ選手の場合、実際の練習やトレーニングの他にイメージトレーニングをやります。(やらない人もいますが)
イメージトレーニングをする人たちのことを最近の言い方では“妄想族”と言います。(言わないかも?)

では何故イメージトレーニングをするかというと、試合で勝つためです。
頭の中で何度も何度も繰り返し成功するイメージをすることによって、うまくできている自分が脳に叩き込まれ、実際の試合の時には身体がイメージ通りに動くようになるからです。
(もちろんイメージ通りに出来るためには、裏づけされた練習量があっての話しですが。)
もし、いくらイメージトレーニングをしてもイメージ通りにならないのであれば、誰もイメージトレーニングなんてしないはずです。


勝つためにはマイナス思考にならない事です。

イメージトレーニングでマイナス的な事(失敗するイメージ)ばかり考えていると(そんな人はいませんが)脳にそれが叩き込まれ実際の試合でもその通り失敗するでしょう。

それだけ自分の意識が自分の身体に与える影響力って強いのです。


はじめにプラスのエネルギーとマイナスのエネルギーと書きましたが、分かりやすく言えば、意識の中のプラス的な考え方(=プラスに働く力)と意識の中のマイナス的な考え方(=マイナスに働く力)ということです。


@プラスのエネルギーとは・・・

ありがとう・感謝・喜び・出来る・成功する・達成する・美しい・美味しい・楽しい・修正する・治す・聞く耳を持つ・受け入れる・学ぶ・助け合う・支え合う・許す・穏やか・前進する・作る・成長する・・・など、前向きで健全な心に秘めたエネルギーです。


Aマイナスのエネルギーとは・・・

恨み・憎しみ・妬み・悪口・悪意・反発心などで、物事や他人に対してまたは、過去の辛い出来事に対してずっと恨み続ける・他人の言う事を聞き入れない・出来ない・やりたくない・うざい・このやろう・腹が立つ・いらいらする・無駄・自己中・頑固・自分勝手・・・などのことで、どれを取ってみてもイメージの悪い、聞いているだけで重くなるようなものばかりです。



■波長の法則

自分の心の中に@の様なプラスのエネルギー(穏やかで前向きな考え方)が沢山あれば、自分の周りにプラスのエネルギーが集まってきて、プラス思考の人達が集まってきます。同時にプラスの出来事が起こります。
クリックすると元のサイズで表示します


逆に、自分の心の中がAの様なマイナスのエネルギーだらけだと当然マイナスエネルギーばかりが集まってきて、やる事なす事悪い方に悪い方に進んでいってしまいます。
気が付くと、自分の周りには自分と同じ様な境遇の人間ばかりになってしまいます。
クリックすると元のサイズで表示します


プラスのエネルギーの中間達の中にはマイナスエネルギーの人は存在しにくく、またマイナスエネルギーの仲間達の中にはプラスのエネルギーの人は存在しにくくっていうか寄り付こうともしません。

ここで大事なのは、マイナス(思考)エネルギーの人は、自分がマイナスである事に気付き、Aを捨てて@の心に切り替えるということです。
そうすることによって、自分にプラスエネルギーが集まってくるようになり、道もプラスの方向に開けてくるわけです。


これが波長の法則です。


長いのでつづく〜ヘ(◇、 ̄)ノ~



つづき(〃´ ▽ ` )ノ


さて、波長の法則により自分の中にマイナスエネルギーが沢山あると同調するマイナスエネルギーが集まってきてマイナス的な出来事ばかりが起こるようになってしまうということですが、そのマイナスエネルギーが実は自分の病気と大きな関係があるのです。
(注、それが原因になっている場合もあるということで、それが全てではありません)


以前臨床報告で「痛みや病気は自分が原因の場合も!」のところで書きましたが、

今までの人生の中のあらゆる苦労など辛い出来事というものは、すべて自分の成長のため与えてくださった試練であり修行であり、そこから学び自分を成長させなさい!というメッセージなので、その苦しかった事をプラスに転じようとしないで、いつまでも恨み・憎しみ・妬み・怒りなどの感情を心に抱き続けることによって自分で作り上げたストレスが大きくなり、同調するマイナスエネルギーが集まってきてマイナス的な事ばかり起こるようになり、結果自分自身の身体に痛みや病気を発生させるのです!


病気が治らない・原因不明・悪いところが見つからないのに痛い苦しい・悪いところは見つかったけど何故そうなってしまったかわからない・・・などの病気の原因はそういうところにもあるのです。

だから検査してもわからないんです。



自分の知り合いにいませんか?

何かにつけ「ついてない!ついてない!」「頭に来る!いらいらする!」「こんな人生やってらんね〜!」って言ったり、他人の悪口ばかり言っている人。

いますよね〜

そういう人の周りには当然マイナスエネルギーだらけで、プラスの人たちは避けるようになってきます。



この様に、自分の心が自分自身をどんどん悪い方へ悪い方へと運んでしまっていることもあるのです。



はじめの方で「人間の身体はウイルス・食べ物・精神的肉体的ストレス・事故などでの損傷以外からも様々な力による影響を受け・・・」と書いたように、他にも様々な力が身体に影響を与えてます。


人間は、見た目(見えている部分だけ)だけで治そうとしても治りませんよ!ということです。



最後までお読みくださいまして有難うございました。
m(_ _)m

何かご質問などがございましたら、サイドメニューの「院長にメール」からお願いいたします。




お願い
いつもこのブログを見てくださって本当にありがとうございます。
このブログは「人気ブログランキング」に登録しており、ランキングが上がる事により一般の方達(線維筋痛症患者様)の目にも触れる機会が増えてきます。 見てくださるだけでも本当に有り難いのですが、コメントは書きづらいと思いますので、せめて下の「人気ブログランキング」を押していただけないでしょうか? 
どうか苦しんでいる患者様の救いの手になってあげてください。m(_ _)m



( ^▽^)σ 人気ブログランキング


いつもありがとうございますm(_ _)m



【トップページに戻る】
2



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ