| 投稿者: さくら坂

鮎毛バリ販売中 

けばりや中山 

フリーマーケットで今年2018年

も販売してます。

期間限定 春〜秋です。 

在庫追加 7月18日 鮎毛バリ
 
クリックすると元のサイズで表示します




フリーマーケツトまる〇


フリーマーケツトまる

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


「石川県金沢市若草町16―11」検索
(Googleマップで検索

旧表示「地域サロンみのり」



手作り
鮎毛バリ販売中 

金沢沢市内のフリーマーケットで販売中

(↓クリックすると地図がでます)

フリーマーケツトまる〇

(旧名 地域サロンみのり)
 カーナビで住所入力して連れてきてもらってください
「石川県金沢市若草町16―11」検索


(でGoogleマップで住所検索すると地図がでてきます)
https://goo.gl/maps/dmnRFxpqnBm
自宅からこの住所まで、自動車ナビ
           バスナビ

           公共交通機関ナビ

あなたのスマホ 、カーナビ、パソコンが自動的に連れて行ってくださいます。

便利になったものだ。(^^)




営業時間 13時〜17時(午後営業)

営業日 火曜日、水、木、金、土曜日

    平日 の 午後からです。

休み 日曜日、月曜日(休みは注意)



駐車場 お店の前です。
    停める場所ない時は、お店で聞いてください。

数百種類の品ぞろえをしております。 ハリス、硬い 柔らかい 有 
クリックすると元のサイズで表示します

金沢市内で 伝統手作りにこだわり 1本1本 作っています。

県外海外毛鉤産地外注 下請け には 出していません。 

ラベルも 全部 自作 です。

写真も 自分で撮影してます。

こだわりぬいて 作る 自信作。 


1本の毛針に1枚の写真と 

釣れた 川底条件 記入 

説明書付

 
クリックすると元のサイズで表示します



ブログランキング押しても無害(^^;です

読んだよクリック 
鮎釣りブログランキングを見る
にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
ご支援ありがとうごさいます(^^)/
0

2018/9/19 | 投稿者: さくら坂

釣れた9月19日 鮎毛バリ 光赤熊 2018年 浅野川


金沢犀川が濁って釣れなくなって20日ほど

浅野川に3人で釣行

夕方4時から1時間程



現地着 川は水量は、普段の2倍 川底見えないすきみず。


橋の上からのぞく 1匹だけ 泳ぐのが 見えたが、一瞬で見えなくなった。


水面が波うってない。鏡面

目をこらしても 川底の石の周りを泳ぐ鮎が見えない。


場所移動

淵→ かけあがり 浅瀬の急瀬→ 大石の裏の渦→急瀬


かえ上がりの鏡面 川底に鮎のターンすのが1匹もみえない。

川幅 対岸まで30m

岸から竿9m

対岸の浅瀬で1時間に1匹 2回 魚らしきものが飛んだ 1匹だけのナブラ(笑)

さて、どうも


水面に錘(おもり)を止めて Vの字を水面の鏡面に作る

繰り返していると 

トンボが錘のまわりにきて 飛び去る また 羽虫 がよってくる

・・・鮎がピョンピョン 錘の周辺で跳ねだす。


今日は、1匹だけしか跳ねない、跳ね方が同じ 同じ跳び方の同じ大きさ


たくさんいたら いろんな高さ いろんな角度 いろんな 大きさの鮎が跳ねる


対岸の浅瀬の鮎が かけ上がり で跳ねて 

次に数メートル上流の淵 で 跳ねた

 直後1匹 水面近くで釣れた


毛バリは、けばりや中山製「光赤熊」 


落ち鮎釣れる用に、作った毛バリ

釣れ続ける毛バリにするのに 何百も工夫する。

たった7mmの毛バリを釣れるようにするには、現場でどれだけ 巻く人が、釣ってみて

釣れて。

竿さばきのちがう。仕掛けの違う。釣り場所違う釣り人でも釣れるバージョンを

いくつも作る必要がある。



竿さばきも、横で指導する。

鮎の取り込みも、個別の仕掛けと、のべ竿、リール竿で違う事でも

一緒に考えて、

取り込みする確率を2割から 6割から8割まで上げる。必ずできる。


竿、仕掛けも、道糸、ハリス、鮎針も毎年進化している。


そうしたら、

取り込み方法も、変えられる事がある。

100年前から同じ取り込み方法してる ドブ釣り師の

取り込み方法を

かえると


アタリがあった場合の取り込み確率を

上げられる 方法がある


鮎毛バリ釣りは「伝統」釣り



「伝統」を古典で古い 


北陸の金沢は伝統工芸が盛んです。


・・毎年 、新しい工夫をするから 「伝統」です。

基本は守るが、最先端の技術や思考を入れて

いかなきゃ 伝統は なくなります。

鮎毛バリ釣りにも 

伝統釣りの基本は、先に全て覚える。

そこで何十年も釣る。


ほんの少しの、釣果を1匹でも多く味わいたい釣り師は、

次に、工夫して

釣れるようにする。

それも、伝統釣り師の役目です。




ブログランキング押しても無害(^^;です

読んだよクリック 
鮎釣りブログランキングを見る
にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
ご支援ありがとうごさいます(^^)/
0

2018/9/17 | 投稿者: さくら坂

濁りがとれなくなった金沢犀川

2017年より

川の濁りがとれなくなっています。

これまで、川の濁りは、雨後の数時間でした。

なんと。雨後1日で鮎釣りができていた川だったんです。


水量が多くても、水が澄んで川底まで見える。

鮎釣りできたんです。

鮎も溜まる場所さえみつければ。

川の両岸は、堰堤でコンクリート 

河川敷は、芝生 自転車道が両側に川淵添っている。

流れる水は、7トンから10トン ダム放水量で計算



今年2018年は、ダムの水が黄土に濁り、下流の水が黄色

川底の石に黄色い粘土が貼りついてとれない。


原因

わからない。


9月10日より 鮎釣り中止状態

雨は、秋梅雨で 断続的に降り


川の水量はどれぞれダムからの放流量 7トン+11トン

合計18トン以上の水量が、濁って流れています。

水が澄んでいれば、川底の藻が太陽光で育ちます

しかし、水が澄んでいないので、川底の藻が育ちません。

鮎の食べ物さえあれば、鮎が太る時期です。


さて、水がいつ透明になるか

ただ ただ

待つのみです。

9月17日朝



ブログランキング押しても無害(^^;です

読んだよクリック 
鮎釣りブログランキングを見る
にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
ご支援ありがとうごさいます(^^)/
0




AutoPage最新お知らせ