天皇制の今後についてちょっと考えてみた  日々雑記

Twitterで書くにはちょっと長くなりそうだし、ちょっとこのブログで整理して書いてみます。見る人も少なそうだし。
2日の深夜に大筋を書いたのですが、昼になってからちょっと追記しました。

改元特番でNHKだけが伝えた”不都合な真実”
https://news.yahoo.co.jp/byline/mizushimahiroaki/20190501-00124418/

4月30日にベイスターズの試合を見に行って、その夜宿泊したホテルでたまたまこの番組を見ていました。

その中で印象的だったのが、これまでの125代におよぶ天皇のうち、約半分が「側室」(第2夫人、第3夫人など)の子と見られていて、過去400年間では側室の子どもではない天皇は109代の明正天皇、124代の昭和天皇、125代の前天皇(今の上皇陛下)の3人のみ、という話。これにはびっくりした。3人しかいないのか。

平成13年(2001年)、当時の皇太子ご夫妻(現天皇皇后両陛下)に女子(愛子さま)が生まれたことで平成17年(2005年)、小泉政権で皇室典範に関する有識者会議が発足。
それに対して男系の伝統を重視する人たちが猛反対。
結局、この有識者会議では男女の区別なく「直系の長子(天皇の最初の子ども)を優先する」という最終報告を出し、翌年、政府は「女性天皇」「女系天皇」の容認に舵を切ったものの、2006年に悠仁さまが生まれたことで問題は一旦棚上げされている状態に。


…難しい問題ではあるけど、残された時間も少ないし、実際問題、女性の天皇でいいんじゃないかなと個人的には思う。女系天皇となるとまた話が違ってきますが、でもそうまでしないと続かないところまで来ているのでは?

そして、旧宮家の復活も考えたほうがいいと思うのですが、ご本人達の意向はどうなのか。

番組内では旧宮家の方に皇族に復帰する気持ちがあるかどうかを書面で尋ねていましたが、全員が「その件についてはコメントを控えさせていただきたい」とのこと。

番組内では、「女系」に反対する急先鋒だった平沼赳夫元衆議院議員にもインタビューしています。以下引用。


(平沼赳夫元議員)

「やっぱり悠仁親王に男の子がたくさん将来お生まれになることが望ましい。」

(ディレクター」

「一般の我々にしても、女の子がずっと生まれるというのはある。天皇家だけ例外があるのかというとそれも・・・」」

(平沼、しばらく無言で考えた後で)

「誰も結論は出ないでしょうけどじっと待つしかないな。それを信じながら」

 右派の大物議員で現政権にも少なからぬ影響力を与える人物でさえ「じっと待つ」「信じる」という他にこれという妙案がないという。


いやいやいや、そんな期待されても無理だって、と見ていて思ったのですが。
今の陛下だって結婚されるの遅かったし、結局女の子一人しか生まれなかったじゃないか。

側室制度復活というのが、血統を絶やさないためにはいちばん確実な方法ではあるんだろうけど、昭和天皇の時代に一旦側室制度は廃止することにしただけに、今更戻すのも時代に逆行しているようで…。道義的に受け入れられない人も多そうだ。

側室制度を復活されるとして、出てきそうな問題をいくつか。

・側室を設けたとして何人設けるのか、そもそも子供が生まれなかったり、女の子しか生まれなかったらどうするのか。

・そもそも「側室になりたい」「うちの娘を側室にしたい」という人がどれくらいいるのか。仮に側室になりたい人がいたとしても、誰でもいいわけではないだろうし、家族にトラブルがあったりした場合は小室さんちみたいに叩かれかねない。

・肝心の悠仁さまの気持ちはどうなるのか。昭和天皇の時代から側室は設けず、結ばれる相手は一人だけだったのに、「なんで自分だけ血統のためにこんなことしなきゃならないんだ」って気持ちにならないだろうか?
他の皇族の方たちも、彼に余計な重荷を負わせてしまうようで、心苦しくなってしまわれるのでは?

・「側室を設ける」ということに関しての国民感情はどうなる?
皇室に対しての感情も、これまでとは違ったものにならないだろうか。

まだまだあると思うけど、とりあえず思いついたのはこのくらい。
0

ジャッカルについて(備忘録)  音楽

きっかけは、たまたまTLに現れたこのツイートだった。



他のメンバーは大体わかったのだが、前列左の島田あゆ子さん、というのは聞いたことのない名前だった。どうやら事務所のトラブルでデビューがぽしゃってしまったらしい。知らなかった。
で、島田あゆ子さんで検索していたら、出てきた2chの過去ログに、こんな書き込みが目に入った。

209 : 陽気な名無しさん[sage] 投稿日:2016/01/15(金) 22:48:21.48 ID:Ij2NMzZh0.net [1/1回]
>>201
ジャッカルのCD化は無理だと思うわよ。メンバーの一人が母親を殺して
自殺してるから。おまけにその人デビューの時に歳を10歳ぐらいサバを
よんでたらしいわ。

何があったんですかそれ。めちゃくちゃ気になるんですけど。
すっかり島田さんのことなど頭から吹っ飛んでしまい、「ジャッカル」について調べてみる。
なんでも1979年に「リバプール十字軍」という曲でデビューした三田村佳と園田としきの男性アイドルデュオで、有線大賞新人賞を取っていたそうだが、残念ながら当時小学生だった私の記憶にはなかった…。

デビュー曲はそれなりに印象が強かったらしく、覚えている人もぼちぼちいたようだ。
いくつか紹介してるブログなど。

https://blog.goo.ne.jp/z-c/e/8fff2c7a81689f301b84c9b2e18bbcfa
http://neopageone.blog.fc2.com/blog-entry-82.html
http://neopageone.blog.fc2.com/blog-entry-613.html
http://park17.wakwak.com/~nephila-clavata/boy41.htm

これとか2chの既女板の過去ログなどから総合すると、三田村さんの方が薬絡みで?事件を起こして解散、その後…ということのようです。どこぞのまとめブログみたいな文体になってますが、さすがにネットをあさっても詳しい話は出てこない…。

ヤングタウン東京 鈴木ヒロミツ大放送 1979.3.21
https://youtu.be/IbWyvxTJP6M
途中からちょっとだけ曲が聴けます。

そして三田村さんの本名でググったら、こんな記事が。
状況と年代からするとこれっぽいのですが…。

覚せい剤中毒の男、母親刺し殺す 送検後に急死 千葉・浦安
https://www.shits.xyz/metropolitan/archive/346

追記。なんと旦那が「リバプール十字軍」のシングル盤を持っていたことが判明。まさか家にあったとは…。
1

映画「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」 (ネタバレ含む)  映画・ドラマ等

正直副題はいらないと思うのだが。

以前ブログやTwitterにも書いたのですが、もともと原作を読んでいて、これもし映像化するなら鹿野さんは大泉洋がいいな、と思っていたので、映画になったことだし、見に行かねば、と思いつつなかなか見に行けなかったのですが、ようやく見てきました。今回見に行った池袋シネマ・ロサでの上演は25日まで。間に合ったw

原作をどう映画にしたのか、ということを気にしつつ見ていたのですが、描かれ方としてはおおむね満足。泣きはしなかったが、泣かせる映画ではないのでOK。いい映画でした。

原作ですが、2000年に作者の渡辺さんが親交のある編集者から「これこれこういう人がいるんだけど、この人を題材にノンフィクションを書いてみないか」と鹿野さんを紹介され、取材していくうちに自分もボランティアとしてシフトに組み込まれていく。その日常と、鹿野邸に来るボランティア数名へのインタビュー、この本を書いた時点での筋ジストロフィー患者事情、そして鹿野さんの生い立ちと盛りだくさんの内容なので、ちょっと読んでいて時間軸が掴みづらいところがあります。
鹿野さんが20代前半で障害者の自立運動に関わる経緯などを説明するためには、「なぜ札幌で障害者の自立運動がここまで盛り上がったのか」についての説明も必要になるし…というのはよくわかるのですが。注釈などもかなり長いです。

映画は原作よりも少し前の1994から1996年が舞台。ボランティアに来た女性に恋をしては振られたり、英検を目指して勉強したり、入院したり、人工呼吸器をつけるつけないでもめたり、旅行に行ったりと、変化が多い時期なので、この時期を選んで映画にしたのはいいと思いました。

田中(三浦春馬)と二人でAVを見るシーンやら、買い物を頼むときにエロトピア(パンフレットで知ったけど、エロトピアって2000年に休刊になってたのね…知らなかったw)を頼むとか、本棚にAVを隠し持っているのが美咲(高畑充希)に見つかるとか、「筋ジストロフィーの人は勃起するのか問題(筋肉じゃなくて海綿体なので勃起はする)」など、性的なことも自然に出しているのがよかった。障害者の性の問題というのは避けられがちだけど、必須だと思うので。
あと鹿野さんがバツイチになった経緯がさらっと出てきたのに驚いた。

映画の前半で、意識高い系で要領が良くて、鹿野さんに「気が利くねえ」と言われているボランティア男子が出てきて、「こういう子は意外にあっさり辞めそう」と思っていたら、案の定「自分は不幸な人を助けたいからボランティアになったのに、鹿野さんは人生を謳歌してて楽しそうだから」という理由で辞めていた。多分実際そういう人もいたんだろうなあ…。

原作だと本の完成を待たずに鹿野さんが亡くなってしまい、お葬式を済ませたところで本文が終わっているんだけど、映画はどういう結末になるんだろう?
と見ながら思っていたのですが、なるほどそういうふうにまとめたか。
あとエンディングは反則ですよ…。

あと、普段テレビドラマってあまり見ないので演技している高畑充希嬢についてはあまり知らなかったのですが(「おげんさんといっしょ」のお父さん役の子か、そういえば)存在感があって地に足が着いているというか、骨太そうなところがいいなあと。
三浦春馬は顔が綺麗すぎて、作り物みたいだよなあという印象があったのですが、この映画では悩める役がハマっていました。エリートなお坊ちゃま医学生なんだけど、父親とうまく行ってなかったり、美咲の嘘を許しきれずに苦しんだり、美咲と鹿野との関係に内心嫉妬していたり…という、最後近くまで結構うじうじしてるんですよね。そこが人間くさくてよかったです。

映画のノベライズ版なども出ているようですが、個人的には原作を読んでみることをおすすめします。上にも書いたとおりかなり長いのですが、原作でのエピソードがうまく映画に落とし込まれているのと、映画で語られた以後の話が原作にはあるので。
続きを読む
1

長野カープ入りか…  野球

「長野が人的補償でカープ入り」
てっきり東スポの飛ばし記事だとばかり思っていたのですが、仕事が終わって携帯見たら事実になっていたことに驚き。
内海のときも思ったけど、プロテクトされてなかったんかーい。
確かに年齢は少々行っているけど(今年35だし)、

しかし巨人もずいぶん人を入れ替えてきたな…。
0

2019年雑感  日々雑記

・今日ちょっとバトルスタジアムなど見ていたのですが、涌井さんかっけーな…そして奥さんの押切もえさんから「秀ちゃま」と呼ばれてることを「恥ずい」と言いつつ照れながら白状していたのが可愛かったですw しかし今後打たれた時のヤジは「秀ちゃま何やってるんだー」で決まりだなw

・最近嬉しかったのは、かの寺田夏生さんにフォロー返しされたことです。
あれ2011年のお正月だったのか…もう8年経っているのだな。まだ陸上を続けられているようでびっくり。ニューイヤー駅伝出られてたのか。見たかった…。

・大河ドラマは子供の頃以来見ていないんだけど、「いだてん」はちょっと見てみたい…とTwitter見て思いました。再放送録画するか。
0

2019年の抱負らしきもの  日々雑記

さて、これまで私ブログで今年の抱負なんて書いてきたっけ?と過去のお正月のブログを確認してみたのですが、それらしいことは全然書いていなかった…。そもそも1月にブログ書いてなかったりするし。

今年は40代最後の一年になるわけですが、今年の抱負は「悔いのない人生を生きる」に決めました。今年は、というよりも、人生後半戦に差し掛かったときからずっと考えていることですが、

悔いのない人生を生きるためには、行きたいところに行って、会いたい人に会って、やりたいことをやって、やり残したことや心残りを一つでも減らしたい。
そしてそのために必要なのはお金と健康、ということで、バリバリ稼いでしっかり休みたい。ここ数ヶ月でちょっと体重が増えたので、体も引き締めたい。限りある時間とお金を有効に使いたい。

そんなことを年のはじめに考えました。
今年もよろしくお願いします。
0

「FOR REAL−遠い、クライマックス。−」感想  野球

「FOR REAL−遠い、クライマックス。−」を先日見に行ってきました。
 DeNAベイスターズになってから、「ダグアウトの向こう」(2012〜14)「FOR REAL」(2016〜)と公式ドキュメンタリー映画が作られるようになりましたが、実はこれまで全然観たことがなくて。
今回は予告編を見て行きたくなったので、先日思い切って見に行ってきました。
今年はハマスタも行けなかったしな…。

さて、観た感想ですが。ネットで言うほど重苦しくはなかったし、ところどころでは笑ったし、ところどころ涙ぐんだが(主に高城のトレードで)、少なくとも、映画のCMにありがちな「号泣しました!」とか「サイコー!」と言いたくなる映画ではないですw

映画を観ながら思っていたのは、どうして去年か一昨年見に行かなかったんだろうかと。そうしたらもっとスカッとした気分で観ていられたのにと。
思えば一昨年は、チーム初のCSを決めた試合を雨のハマスタに観に行っていたじゃないか。去年の8月には3日連続サヨナラ勝ちの3日目を観に行ってたじゃないか。どっちもカープ戦だなそういえば。

思えば一昨年CS初出場、去年3位からの日本シリーズ出場で、次は優勝だ!とみんな思っていたのだけど、今年はけが人が多かったし、先発陣も調子上がらないし、もともと選手層も厚くはないし…。これまでがうまく行っていただけで、今年のように怪我人が続出すると、結構危ないんだな…ということを改めて思い知らされた年ではあります。
でもまあ、カープもCS初出場から3連覇する前に1度4位になっているし、丸も抜けたし、行けるんだったら来年か再来年じゃないか?と勝手に思っています。筒香も山崎もメジャー行ってしまう前に。

その他印象に残った点を箇条書き。
・内海に完封されたシーンを見て、「来年から内海もライオンズか…」としみじみ(ちょうど移籍が決まった日だった)
・東が映ってると大概バナナ持ってるw
・倉本の「撮らんでいいっすよ」はそこだけ切り取られると確かに印象悪い、かもしれない(パンフを読むと決してそんなことはないとわかるのですが)
・個人的に木塚コーチが結構目立っていたような気がする。
・改めて砂田が可愛いw

来年はハマスタも行きたい…まあチケット取るの難しいのですが。無理そうなら一度横須賀にも行ってみたいな…。
0

12/23ライブのお知らせ  バンド関連

お久しぶりです。
2018年もあと10日あまりですが、なんか実感がわきません…。
ただただ忙しさでバタバタしております。

さて、12月23日の日曜日に、スーパー銭湯がライブをやります。

「武蔵野CITYNIGHT年末SP!!!」
open17:30/start18:00
前売り2000/ 当日2300 (+drink500)
ありったけの世界
ROMANTIC VIRUS
Habitable zone
スーパー銭湯
Jack knife spirts
THE FAR'S
LONELY COYOTE(高崎)

スーパー銭湯の出番は19時10分ごろからの予定です。

武蔵境STATTOは全く初めての場所だし、そもそも武蔵境自体ほとんど行かないので、そういう意味でも楽しみです。

よかったら遊びに来てください!今回のネタは…ちょっと前にカップルで話題になったあの人です(どの人だよ)!

武蔵境STATTO

https://www5.hp-ez.com/hp/statto/


ではまた!
0

ソフトバンク日本一&去年日本シリーズでのベイスターズの盗塁について  野球

カープ応援してたのでやはり悔しさが湧きました…。
大差で負けた試合はなかったのですが、余計にソフトバンクの底力というか、層の厚さを感じました。
こんなに強くてなんでシーズン2位だったんだろう…という疑問すら浮かんでくるほど。

で、なんてったって甲斐キャノン。ですよ。
1日に、Facebookの方で、「このままソフトバンクが優勝したら甲斐がMVP候補になりそう」と書いたのですが、まさかそれが実現してしまうとは。関係ないけど甲斐拓也って名前もカッコいいですね。

そしてシリーズ中ふと疑問に思った。今年は甲斐キャノン甲斐キャノン言われてるけど、そういえば去年の日本シリーズでそこまで言われてたっけ?と。
昨年シリーズでの甲斐の出場成績を調べたら、去年は3戦目と4戦目以外はマスクをかぶっていた(高谷と併用だけど)ので、対戦はしているはず。

「2017 日本シリーズ 甲斐」で検索して見つけたのが西日本スポーツのこの記事。
https://www.nishinippon.co.jp/nsp/hawks_flash/article/371219/

 ◆日本シリーズ第6戦 DeNA−ソフトバンク(4日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンクのキャッチャー甲斐の“バズーカ”が、ここぞの場面でさく裂した。

 0−0の2回、1死一、三塁のピンチ。バッテリーを組む先発東浜が、DeNAの8番嶺井をフルカウントから外角低めのスライダーで空振り三振に仕留めた。一塁ランナー白崎がスタートしていたが、甲斐の瞬時の二塁送球はベースカバーに入ったショート今宮のグラブに収まり、完璧なアウト。DeNAにとっては最悪の三振ゲッツーでチェンジとなった。今宮のタッチを見届けた東浜は、判定を見るまでもなくグラブをたたき、ベンチへと戻り始めていた。

=2017/11/04 西日本スポーツ速報=

「甲斐キャノン」と実況では言ってなかったと思うんだけど、しっかり白崎がやられてましたね…。

更に調べたところ、昨年の日本シリーズでのDeNAの盗塁は2つしかなく(第4戦に倉本1、第5戦に桑原1)しかなく、相手はどっちも甲斐ではなかった。
盗塁刺は4(梶谷1、桑原2、白崎1)だけど、梶谷と桑原が盗塁死したのは、甲斐が出ていない第3戦と第4戦。

ということで、そもそも甲斐相手に盗塁を仕掛けたのが1度しかなかった(そして失敗した)模様。

参考:■ 2017年度SMBC日本シリーズ 試合結果
http://npb.jp/bis/scores/nipponseries/linescore2017.html


カープ側は、結果的に盗塁にこだわり過ぎていたのが敗因だったのかなあという気もします。なまじホームランやタイムリーなどは出ていただけに、ガンガン打っていく方向でいけば…と言っても丸が第5戦除いて不調だったしなあ…。安部の満塁HRなどもあったけど、いまいち打線がつながらなかった感じ。
あと新井さんにシリーズでの見せ場がないのが残念だったなあ…。

11/4 タイトル変更&ちょっと記事を書き直しました。
0

M3に行ってきました  日々雑記

今日、M3に一般参加してきました。
M3は10年以上前に一度行ったきりだったのですが、知っているサークルが出ていることと、この日先約がなかったこともあり、思い立って一人行くことに。

浜松町からモノレールに乗り、4つ目の流通センター駅で降りました。その時点で13時半ごろだったのですが、これからM3に行くらしき人が結構降りていてびっくり。

カタログを買い、まずはSalitaさんのところに行って挨拶し、CDを2枚ほど買いました。Twitterでは時々やり取りもあるのですが、実際にお会いするのは2年ぶりくらい。結構久々。
そのまま第二展示場を回ろうとしたら、9月にCATがげろすりー2でお世話になったくにいさんのサークルがあり、ご挨拶。

そして、第一展示棟まで母校のサークルを見に行ってオムニバスCDを1枚買いました。自分が在籍していた頃はまだオムニバステープだったし、もちろんM3なんてまだなかったから、こういう形で人に聴いてもらう場があるのは正直羨ましいところ。

今回の目的が終わったので、後は企業出店エリアやフリースペースを回っていました。フリースペースでは楽器を持ち込んで演奏ができるんですが、ピアニカを持っていている人が何人かいて、自分も欲しくなってしまった。
休憩所でしばらく休んだ後、スペースをぶらぶらし、閉館前にフリースペースで演奏を聴こうかなと戻ったら、バグバイプで「蛍の光」を演奏している男性がいました。実際に吹いてるところなんて初めて見ました。
どうやらサークル参加された方たちでセッションを始めたらしく、ギターやフルート、サックス、カホンにコントラバス…となかなか大掛かりな演奏になっていました。最後の方はだんだんテンポが早くなり、テンションも上がりました。その場に居合わせただけでしたが、幸せな時間が過ごせました。演奏されてた方、お疲れ様でした。ありがとう、
閉館時刻になったので会場を出て、タリーズでパンケーキとミルクティーで一息。

帰りはそのまま流通センターから帰るのも芸がないので、平和島駅まで歩いてみました。最初はバスで行こうと思ったのですが、なかなか来ないので。
途中に大きな公園があり、もっと早い時間だったら寄ってみたいと思いつつ、20分ほど歩いて駅まで。
平和島の駅前も、いい感じにごちゃごちゃしていて下町っぽい。
ガード下のマツキヨで買い物して帰りました。

カープもようやく1勝したし、いい一日。
0




AutoPage最新お知らせ