コミケ前にして最近気付いたこと  六月小劇場通信

実在人物での801妄想は、自分にはちょっと無理なようだ…。匂わせる程度なら全然問題ないし平気で読めるんだが、具体的な行為を伴うと生々しくなりすぎてちょっと引いてしまう。もちろんそれに萌える人がいるのを否定する気は毛頭ありませんが。
もともと同人の存在を知ったのが某サッカー漫画からなので、2次元だと割と抵抗なく読めるんですが、それでも自分からあれやこれやと妄想するまでにはいかず…。
なんていうんだろう、801に関しては、最近はまった某漫画の台詞ではありませんが「頭では理解できるが心では理解できない」のかもしれないのかな…。
まあ、出会った時期がもう少し早く…中学生くらいだったら、ことによってはどっぷりはまってた可能性は十分…ないとはいえないのですがねw
実際中学生の頃は漫画・イラストクラブにいたし、後輩と同人誌やろう…として結局挫折した(受験だったので)こともあったので、そこでちゃんと絵を描いてたら同人街道まっしぐら…だったのかも。結局たどりつくのは今と同じなのか?って気もしますが。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ