祖母の納骨式  日々雑記

今日は、今月9日に亡くなった祖母の納骨式でした。
9年前に亡くなった祖父の遺骨と一緒にお墓の中に並んで納められた祖母の骨壺を見ていると、
「ああ、これでまた一緒になれたんだな…」
と思いました。

そして驚いたのは、今回お経を上げてもらったお坊さんが、祖父の時と同じ方だったこと! 当時はまだ大学生だったその方も、今では修行を終えて立派に?お坊さんとして頑張っているそうで…。
そう言えばまだ若そうなお坊さんだったな…いや、今でも充分若くて格好いい方なんですが。いわゆるイケメンというか(笑)

納骨式が終わって、親戚一同で昼ご飯を食べに近くの料亭に行ったんですが、車で移動中に急に大雨が降り出して、これが納骨式の時じゃなくてよかったとつくづく思ったですよ。
雨自体は20分くらいで止みましたが。ほんとにナイスタイミングでした。
0



2005/8/8  6:24

投稿者:魔乳R

葬儀にかかる時間中に雨が降りだすと、
「これは(亡くなった)○○さんの涙雨かねぇ」
と、誰かが言わないといけないような雰囲気に
なると感じるのは、私だけだろうか?

2005/8/4  1:49

投稿者:中澤"花牧スタヂオ主人"邦明

こっちからしたらお葬式は滅多にないことだから覚えているけど、
あちらからしたら毎日(とはいかなくても)の仕事の一つ。
1人1人を覚えてはいられないでしょうね。

2005/8/4  0:20

投稿者:Kyon-C

おお、コメントが着いてる〜

ほんと、偶然って凄いですよね〜。
しかし本人は私たちに言われるまで覚えていなかったという。
そんなものかな?

2005/8/2  2:49

投稿者:中澤"花牧スタヂオ主人"邦明

同じお坊さんというのも、不思議な巡り合わせですね。
お祖父さんがお祖母さんと一緒になりたくて、引き合わせたのかも知
れません。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ