2014/12/10高岡早紀ライブ@Motion Blue YOKOHAMA(前置き編その2)  音楽

大変遅くなってすみません。唐突に続きです。
前回の話は高岡早紀のライブに行ってきました(前置き編その1)から読んで下さい。

Sさんからメッセージをいただいたのは、ライブ前日の9日。
メッセージをいただいたのはありがたかったのですが、正直なところ、全くライブに行く気はなかったのですね。
さすがに横浜は遠いし、平日で仕事もあるし、行っても間に合わないし…と思っていました。
しかし、メッセージをよく見ると、なんと18時半スタートと21時半スタートの2回公演ではないですか。1度目のステージは時間的に無理だけど、2度目なら余裕で横浜まで行ける。
その数日前、10日の夕方に、会社の最寄り駅近くの病院でインフルエンザの注射を予約していたのですが、それを済ませてからでも大丈夫そう。ではあるのだけど、チケット7000円か…高いなあ…年末で物入りだろうし…と悩みつつも決心がつかないまま、10日当日も、特に着飾ることもなく出勤。
この日の服装は、グレーのハイネックシャツの上に赤いチェックのチュニックを着て、下はグレーのパンツに黒い靴。茶色のロングダウンコートに赤いマフラーという普段通りの格好である。

昼休みに旦那に「ライブ行こうかどうしようか迷い中」とショートメッセージを送った。
その日は定時上がりの日だったので定時に会社を出て駅に向かい、予定通り病院に行ったところで旦那からメッセージの返事が来ていた。
「行っておいで、滅多にない機会だ。チケットまだ有るかだけ確認して」と。

それを見て心は決まった。よし、行こう。

そうと決めれば話は早い。インフルエンザ注射をした後、ライブ会場に電話して、2回目公演のチケットを確保。ついでに会場のWEBサイトも初めてチェック。
飲食メニュー高いなあ…どこかで夕食食べてから行こう。注射をしたときに、もし気分が悪くなったらまた病院に来てくださいねと言われたので、念のために30分ほど最寄り駅の周りをふらふら。コンビニと銀行に寄る。

30分経ったので横浜に向かう。MOTION BLUE YOKOHAMA の最寄り駅はみなとみらい線の日本大通り駅。幸い一本で行ける。乗り入ればんざい。
駅に降りたら改札のところに横浜DeNAベイスターズ2014シーズンの軌跡「ダグアウトの向こう」写真展の案内ポスターが貼ってあった…が、この時点で19時を回っている。知ってたらみなとみらい駅まで足を伸ばしたんだがなあ。

ライブ開場は20:15なので、まだ一時間以上あるが、とりあえずiPhoneの地図を見ながら赤レンガ倉庫方面に向かう。途中でワールドポーターに寄って、新しく靴を買う。ラメを織り込んだ黒と白のチェックのスリッポン、2,052円也。
まあライブ会場で靴なんか見えないんだけど、そこは気分の問題です。履いていた靴が結構ボロボロだったので、せめて靴だけはきれいなのを履きたいなと。
そして鎌倉パスタに行き、バリューセット+パン食べ放題を頼む。
パンは一口サイズなのでついいくつも食べてしまう。
…と、20時近いな。そろそろ行くか。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ