たまのブログよりマメなツイッター  思うこと

なのかもしれないと、最近思う。
一行でもいいから、継続して何か記録していくことが大事なんだと思う。

何人かでご飯を食べに行ったときなど、食べる前にブログにアップする写真を撮る人がいる。
私などは「早く食べようよ〜」などと内心思ってたりするんだけど、後でその人のブログを見返すと、「ああそう、こんなもの食べたよね」などと思い出したりする。
私がネットを始めた'98年頃と比べると、思ったことや見た物をWEBに公開するのは、ずっとずっと簡単になった。

簡単になって、敷居が低くなったからこそ、公開しちゃいけないものまで公開しがちになってしまうんですよね。それこそツイッターの炎上とか。

ネット上でリアルの知り合いが増えるほど、好き勝手な言動ができなくなったり、ブログに書こうとしても書けない思いが出てきてしまうんですよ…。


あとあれだな、「特定の誰か」に向けてブログ書いちゃだめだ。
本人読んでるかどうかわからないし。自分が同じことされたら、当てこすられてるような気になってしまうかも。「回りくどいことしないで直接言ってよ」と。
可能なら本人に直接、メッセージなりメールなり送った方がいいんだろうけど、それができなくて、その人からどんな反応があるか(あるいは全くスルーされるか)が怖いから、一時期ブログでそういうこと書いてたわけなんだけど、やっぱり直接書いた方が…いやでもな…などと考えすぎて、どこにも出せない思いがたまっていったりする。 そろそろ吐き出さないとね。

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ