2014/12/10高岡早紀ライブ@Motion Blue YOKOHAMA(前置き編その1)  音楽

12月10日に、横浜のMotion Blue YOKOHAMAまで高岡早紀のライブを見に行ってきました。
本当はもっと早く書くつもりだったのですが、週末に風邪で寝込んだり何だりでクリスマスに入ってしまいました。ただでさえ年末なんて時間が経つのが早いというのに。

チケットを取ったのは当日の夕方だったので、かなり突発的に行くことにしたのですが、それまでの経緯自体は結構長いので、ちょっとまとめてみます。

高岡早紀はデビュー当時から何となく注目していたのですが、映画やドラマを欠かさず見たり写真集や雑誌の切り抜き集めたり…というほど熱心なファンでもなかった。アイドル時代の曲は好きだったけど、実際にCDに手を出したのは、95年に出たベスト盤『Le Fetiche』から、その後後追いでデビュー盤の『サブリナ』を買ったくらい。コンサートもやってたようなのですが、行ってないんですよね。
最近特撮以外のドラマをめっきり見なくなってしまったので、ここ数年はあまり彼女のことも追っていなかった。Facebookやブログをやっている、というのも実は今回初めて知りました。何となくその手のはやらない人だと思っていたので、ちょっと意外。

11月に旦那とディスクユニオンに行った時に、『S'wonderful!+5』という再発盤を見つけて買いました。その時に新譜『SINGS -Bedtime Stories-』のポスターが店に貼ってあったので、気になるからいずれ買おうかな…という話をしてたのですね。そうしたら12月のある日に旦那が『SINGS -Bedtime Stories-』を買ってきてくれました。

Amazonのレビューを引用すると、
「高岡早紀の約22年ぶり(2014年時)となるアルバム。主演映画『モンスター』のエンディング曲「君待てども ~I’m waiting for you~」に続き、ジャズ・ピアニストの山下洋輔が全面参加!“夜寝る前に静かに聴きたいアルバム”をコンセプトに、歌い継がれるスタンダードなラヴ・ソングを厳選。シンプルなアレンジで、囁くようにセクシーに歌う大人の(ジャズ)ヴォーカル・アルバム。」

「君待てども」「黄昏のビギン」「胸の振り子」などの昔の歌謡曲や、「アゲイン」などのジャズをカバーしているのですが、タイトル通り、夜寝る前にゆっくり聴くとはまります。
その勢いで入ったままだったmixiの高岡早紀コミュに
「新譜聴きました。雰囲気があっていいですね〜。夜に聴くとハマります。」
てなことを書いたら、コミュのSさんという方が、
「10日に横浜でライブがありますよ」
と書き込んでくれました。
(次回に続く)
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ