「着ながし奉行」見てきました  日々雑記

シネマヴェーラ渋谷の岡本喜八特集の最終日に「着ながし奉行」を見てきました。岸田森が出てるし、ちょうど今日は旦那も別件で遅いので、じゃあ駆け込みで見に行こうかなと。
もともとはフジテレビの時代劇スペシャルとして1981年5月1日に放映されたもの。
岸田さんは佐渡という用心棒役で、主人公の仲代達矢を狙うのですが、これがまた不気味かつ切れそうな感じで素敵。赤みがかった縞の着物が派手だなあと思っていたら、実は女物だそうで。ちなみに本人のアイデアだったとのこと。

そんな岸田さんも良かったのですが、主演の仲代達矢の人懐っこくてとらえどころの無いところがまたいいんですよ。
先月の18日、同じ岡本喜八特集で仲代達矢主演の「殺人狂時代」を見てるんですが、(見てから前に一度見ていたことに気づいた)、他に仲代さんが出てるお勧め映画ってないですかねえ。特に若い頃の。

そういえば去年の5月に「斬る」は見ているのだが(その時の日記はこちら→blue.ap.teacup.com/kyonc/696.html)、1/3ほど寝てたのでどんな映画だったかあまり覚えていないのだ。
機会があればまた見たい!
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ