Laser Blue Elise Diary

 

カレンダー

2020年
← February →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:Sawa
Uraさん、おっしゃる通りです。
普段ノーケアですし、調整箇所もなければ
調子を見ることもできません。
ちなみに現代の車のECUのソフトは
C言語換算で100万行規模だそうです。

普通の人間には理解不能ですな。
投稿者:URA
むむむ。おんぼろヒストリックカーに乗っている身としましては反対に現代の車の方がトラブルを抱えたときに問題が大きいように思います。旧車はアナログなので原因特定は比較的容易です。大体考えられる物はスペアで積載してますし。CPUで制御している現代の車は診断機などにかけないと分からない部分が多いので怖いです。

http://members.jcom.home.ne.jp/trspit/index-main.html
投稿者:Sawa
nomuさん
励ましのお言葉、ありがとうございます。
原因がわかればまだ安心するんですけどね〜
次は何が起きるかな。
投稿者:nomuさん
まあ、めげずに。私も、s1で相当勉強させられましたよ。今では、少々のトラブルでは泣かない様になりました。この頃では、トラブルの無い方が、不安になったりして。(爆
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ