2007/4/21

モノスキーにホール作成  ★モノスキーに改造

クリックすると元のサイズで表示します
インサートホール8個作成後チューンナップの
 モノスキーが2台が仕上がりました。
・PINTALL SWALLOW/200cm 
・WHITE KNUCKLE/178cmに
 合計16個のホールを作成です。

作成位置を記したメモがスキーに張ってありました。


久々に200cmの板ですが、
さすがに長いなぁ〜と感じる!
豪快な滑走シーンが目に浮かび
なんだかワクワクします!



★インサートホール作成の作業手順は8/17を参考にどうぞ・


短い方の板(178cm)から作業開始。
今ついているビンディングを取り外して
その穴埋めをし、センターに8個の
インサートホールを作成。

 クリックすると元のサイズで表示します
120mm以上の間隔を取ってほしいとの事。
ブーツが当たらないようにその間隔を
最優先に考慮した作成位置を決めると
サイドエッジ側に目一杯寄せて作成する事になる。

このスキーかなり厚みがあって頑丈そうな
 板なので助かりました。
 クリックすると元のサイズで表示します



長い方の板(PINTELL/200cm)は、
先程の板よりも幅が若干狭い。
基本のホールを彫ってる段階で
刃がエッジモールの端に当り
リーマーの刃が寄せられヒヤッとする一面も・・・。

その為リーマーの刃先が熱を持ってしまい
ソール素材が僅かに溶ける事態が発生。
その部分に貼り付けるソール素材は、
本来は16ミリですが、17ミリにカットして接着。

このリーマー、ローレットと一緒にメーカーから
仕入れたものですが、そう言えば金属専用じゃ
ないから金属に当たると弱いのは仕方が無いけど・・・

ともあれ、何とか無事に2台分、16個のホールが完成し
 チューンナップ作業へ。

  クリックすると元のサイズで表示します

で、PINTALLのソールですが到着時に見た時
 エッジモールがクッキリと透けて見えていたので
 素材が薄くなってるかなって心配しましたが、
 半透明素材のようでした。

 クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

それにちょっと気になっていた
ソールの汚れ?のように見える黒い部分、
これはソール素材真下に細長いブラック素材が
 4本入ってました。

 【到着時】       【ホール作成&チューンナップ後】

  クリックすると元のサイズで表示します    クリックすると元のサイズで表示します




クリックすると元のサイズで表示しますチューンも仕上がりビンディングを一台にセットするとこうなります!

この作業をしながら、かなり前にロシニョールのモノスキーを仕入れて試乗用で店舗に数年おいていた事を思い出します。その時も、幅広のでかいサイズのブーツでも履けるように、目一杯サイドエッジ寄りにビンディングを取り付けいたね。ビンディングがスキー幅よりちょっと食み出してたけどね・・

そのスキー、数年後にオークションで転売したけど、まだ現役で頑張ってたら凄いなぁ〜!

   ★スキーは昨夜発送されました!



毎年恒例オフチューンキャンペーン
   今年も開催中! 詳しくはここクリックすると元のサイズで表示します

重傷のスキーやスノーボードの
 復帰に向けてサポートいたします。!!  
  ホームページの『補修工房』にも実例が載ってます。
   そちらも参考にどうぞご覧下さい。   


チューンナップやインサートホール作成のご注文も
  こちらからどうぞ↓
   







コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ