2008/5/25

トップシート欠損補修  ★無料補修とパッキング

よくあるのがインサイドのトップシートを
 エッジで削ってしまう事

それも深く抉れて芯材が見えてしまったような欠損

この場合はパテ材で肉盛りして補修いたします。

▼たとえばこの場合・・補修前
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
【トップ側】                    【テール側】


欠けた部分をお客様がご自分で簡単な補修を
 施してあったので抉れは小さく見えますが、
 その部分を剥がすと結構深いものもあり


★補修後
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

パテ材で肉盛りして接着、研磨して整形。
 その後幸いシルバー系のカラースプレーを
  手持ちしてあったので塗装しボカシ材で仕上げ。
 こんな具合になります。



この補修は、チューナップをご利用のお客様には
 無料サービス補修でお届けいたします。
 ただし、無料ですからあくまでも素人補修と同じ
 簡易補修同等です。補修箇所も同色スプレーも
 ない事も多くカラー調合も出来ませんので
 補修箇所が目立ってしまう場合もあります。

ですから、見た目の綺麗さを最優先にご希望の方や、
 神経細やかな方の補修はお断りさせて頂きます。

またホンノ些細なぶつけ傷にこの補修を
ご要望されるお客様もおられますが、
接着面がある程度広くないとくっ付きませんので
その場合はパテ補修ではなく、面取り研磨で傷を消去。

あくまでも広くて深い抉れ傷、角欠け部分で
なおかつ芯材が露出している箇所に適用でご容赦ください。

補修目的は『水分の進入止め』ですから・・



雪板サポート隊の日々のショッピング

★スノーボードは送料無料!



クリックすると元のサイズで表示します 『頑張れよ』と応援クリック

にほんブログ村 スキースノボーブログへ←応援クリックお願いします

クリックすると元のサイズで表示します
オフチューンナップのシーズンです 



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ