2005/11/17

2)滑走面剥離/その2  ★陥没、剥離、折損他

 
 先日15日に滑走面カットし接着、熱プレスしたその後の続き・・

 16日午後からプレスを外し、シャベル部分の反りの修正作業に
 かかりました。万力でボードを固定し、トップを平プレスに挟み、
 少しづつ力を加えてゆっくり内側に煽ること数回。 
 ほぼ原型に近づいたところで、戻らないようにガッチリ周辺も
 プレスしながら40分加熱。約一時間放置して様子を見ます。
 形が落ち着いたところでチューンナップ作業を開始。
 
 研磨され滑走面に艶が戻り、いい感じに作業が進みます。

 ベースワックスを浸透させその日の作業を終えました。

 滑走面を貼り付けたところはこんな状態になりました。
 
 クリックすると元のサイズで表示します

  滑走面全面
 クリックすると元のサイズで表示します

明日滑走ワックスを2度入れてパッキングし完成です。
もうしばらくお待ち下さい。



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ