2009/8/28

いたばし花火大会  夜景

第51回いたばし花火大会より。

毎年8月に開催される花火大会。同時期に行われる隅田川や江戸川の花火大会に比べると何故か影の薄い大会なのだが、どっこい開催日の会場周辺道路は見物客で大変混雑する。荒川河川敷に向かう道路の一部には交通規制が敷かれて歩行者用道路となり、原宿・竹下通りを彷彿とさせる賑わいを見せる。高島平団地から荒川河川敷までは徒歩でおよそ30分。自転車でササッと行きたいところだが、そんな道路事情を推察して徒歩で会場河川敷へ向かう。カメラ機材一式を肩にくい込ませて、打ち上げ開始前に余裕を持って現地到着。歩行者の通行の邪魔にならぬよう配慮して三脚を立て、レンズを上空に向ける。

そして19時過ぎ、轟音と共にまだ薄明かりの残る荒川の上空に、大輪の花が咲いた。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

河川敷際で暫く撮影した後、場所を変えて戸田橋へ。この日は下流方向から風が吹いていたので戸田橋から見ると、煙は笹目橋方向へ流れていき、花火が見やすい。橋上には想像していたよりもギャラリーが少なく、直ぐに三脚を据えることが出来た。車道の方は、見物渋滞が起きていて、それを排除する警察車両がひっきりなしに往来していた。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
途中で拾った団扇を扇ぎながら撮影に没頭する事90分。ラストのナイアガラと大スターマインを以て、恙無く終了した。終了と同時に、戸田橋の袂にあるパチンコ店のネオンが一気に点灯した。終わってから気付いたのだが、花火大会に配慮してネオン類を消灯していたようだ。
粋なことをしてくれるではないか。
3
タグ: 花火 高島平 板橋



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ