2010/8/9

夕方の彩雲と早朝の虹  気象

クリックすると元のサイズで表示します
花火大会が行われた7日の夕刻、ベランダから西の空を見てみると、虹色に光る雲を確認。(画面中央下部)

この時、太陽はこの団地の右手の方へ沈んでいっている。

ほんの10数分しか確認出来なかった彩雲(さいうん)であったが、
なんか得した気分であった。

しかし、彩雲は地震の前兆とも聞く。
また、それを真っ向から否定する意見もある。

真相は数日後にわかるのか?

クリックすると元のサイズで表示します
そして、花火大会の余韻が残る、翌8日の早朝。

今度は南西の空に虹が現れた。
はじめは「2日続けて彩雲か?」と思ったが、日の出とともに大きなアーチを形成してきたので、これは虹と勝手に判断。

わずか15分ほどであったが、朝焼けに染まる空に、虹が華を添えてくれた。

それにしても、雨上がりでもないのに、朝の虹とは珍しい。
練馬や所沢方面で雨でも降っていたのだろうか?

【彩雲】2010.8.7 17:30ごろ
【虹】同8.8 AM5:00ごろ
いずれもNikonD700で撮影
1
タグ: 高島平 団地 



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ