2021/9/19  23:15

ポツンと一軒家  映画TV
テレビ番組は、食事どきのニュース・ワイド番組を見るが、毎週楽しみに待つ番組は途絶えて久しい。昔のような時代劇は、制作費が多分嵩むからか無くなった。したがって毎週楽しみに待つ番組は殆どない。NHKのニュースはCMが入らないから安心して見る。だが地震があると震度5であれば繰り返し眺めることになる。

夕刻以降は専ら読書・パソコンのユーチューブになるが、最近録画して楽しみに待つ番組ができた。NHKの深夜に近い25分の「72時間ドキュメント」もいいが、テレビ朝日の「ポツンと一軒家」という番組、制作はどこか知らないが全国ネット。二年前かNHKの「韋駄天」が、視聴率が上がらず、この番組が評判になった。ポツンと山中に仕方なく生活しているからが目的ではなく、そこに一軒家の運命があった背景が、とにかくその運命を恬淡としている生活に惹かれる。チャプターでCMをカットできるから20本を繰り返し観た。ただ殊更主に“軽”でしか走れない道路事情を描写するのは如何。

その切っ掛けになったのが03月14日の熊本県の農家。母親は妻のいる実家に96歳で暮すが、墓所のある元農家を息子が護っている。昔はシイタケ生産が主で稲作の唐箕(とうみ)など処分されずに保存してあった。本年01月から録画、元・現農家は、私の幼少時の記憶にあって馴染み深い。今では米作は脱穀も精米も機械化されている。本日の放送は北海道らしい。

画像はプリントスクリプト。どの回かは不明。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2021/9/14  23:30

高級官僚  身辺世相
先日09月上旬「池袋暴走事故」の判決があった。2019年04月、東京・池袋で霞ヶ関の高級官僚だった飯塚幸三被告(当時88)が運転していた車が暴走して松永真菜さん(当時31)と娘の莉子ちゃん(当時3)が死亡し、他に9人の重軽傷者を生む大惨事となった。その場所を知らないが繁華街・池袋の幹線道路で広い横幅だったに違いない。

高齢が理由か、飯塚容疑者は逮捕されなかった。巷では「旧通産省工業技術院の元院長」は“上級国民は特別扱い”と警察は非難された。検察側は飯塚被告に対して禁錮7年を求刑していた。判決は意外に軽く「禁錮5年」の実刑判決。

事故は、ブレーキとアクセルの踏み間違い。多くの運転者には考えられないが、その過失は重大で被告の一方的なもの。繁華街で時速90`で横断歩道に突っ込み大事故になった。だが被告は終始過失を認めず車の欠陥を言い続けてきた。判決は「過失は明白」と断罪。科学分野の高級官僚は終始、自己責任を回避したのは昔のエリート軍人と同様。老齢という理由は許されない。「法の下に平等」で、刑務所に収監すべき。科学者なら独房で5年間の処し方は解る筈。

元・東京地検特捜部長で弁護士の石川達紘(たつひろ)被告(当時78)の罪も重い。これも池袋事故と同様。終始責任を回避。車の不具合と無罪を主張していた。判決は、本年02月。アクセルペダルの裏側に踏み込んだ痕跡があり、車の操作状況を示すレコーダーにもアクセルペダルを踏んだ記録がある。「車の不具合が存在した現実的可能性は見当たらない」と認め、弁護側の主張を退けた。判決は禁錮3年執行猶予5年(求刑・禁錮3年)。

事故は、2018年2月18日早朝、乗用車を路上に止めて降りようとした際、誤って急発進させ、時速100キロ超で約320メートル暴走。港区の歩道上で被害者堀内貴之さん(当時37)をはねて死亡させ、店舗に突っ込んだ。車はトヨタの高級車レクサス。明らかに車に不具合とは考えにくい。

元特捜検事にもかかわらず、被告は自分を客観的に見ない。被害者には中学生・小学生の子も居た。被告の検事時代にはロッキード事件、平和相互銀行事件、撚糸工連事件など数々の事件を手がけ、金丸信・自民党副総裁や中村喜四郎・元建設相の逮捕でも検察幹部として指導的な役割を果たしたらしく政財界を震え上がらせた。

エリート官僚は昔のエリート軍人と同じく自己に甘く、責任を回避、他者に押し付ける。

クリックすると元のサイズで表示します
2

2021/9/6  21:55

次期総理  身辺世相
先日の横浜市長選挙で現職の大臣を辞職してまで立候補した小此木八郎がすんなり当選かと思ったが、大差で落選。だがこれは立憲民主党の支持なのではなく菅義偉政権のコロナ対策が後手後手で、首相が悪いわけではないがコロナ禍は終息しないのが原因。首相が長年、秘書として勤務した小此木彦三郎の子息の小此木八郎は楽々当選の筈がそうはならなかった。むろんコロナ禍がいちばんの原因だが菅義偉総理大臣はたった1年で辞任することになった。体調不良の安倍晋三前総理の辞任で、棚から牡丹餅の首相就任だったが、殿様が病気になったので家老が殿様になったようなものでその器では無かった。

喜怒哀楽に乏しく語彙も不足、「そうした中で」などというフレーズを繰り返し、バックの幹事長の意向には逆らえないし、役所の人事を掌握していたからと言って高級官僚の作文を読むだけで内容を理解できず「広島原爆忌」の挨拶も肝腎な部分を読み飛ばした。これらが政権不支持となった。

次期総理は平塚市出身の河野太郎大臣が有力らしいが、なんだかなあの感じ。自分は英語がペラペラだから防衛大臣のとき、いわば軍人に英会話を強要したらしい。昔も今も軍部の情報取集は必須だが、英語だけではない。中国語、ロシア語も重要。日本の隣国、中国・ロシア・朝鮮半島はとんでもない国だらけ。ただ発信力はある。

競馬の印なら◎岸田文雄、〇河野太郎、△が石破茂らしい。いずれも自民党の政治家の二世・三世だから発言に語彙不足はないだろう。河野太郎が総理になったら父親の“河野談話”が蒸し返される。朝日新聞捏造の「慰安婦問題」は捏造と断定、ソウルの慰安婦像は、撤去すべく努力して頂きたい。

クリックすると元のサイズで表示します
1

2021/8/29  21:34

廻り地蔵  昭和史
所属短歌会の「ネット歌会」は毎月2首ずつ投稿、会員が夫々鑑賞して感想を書き込む。「8月号」に投稿した2首のうち一首は以下の通り。

 凾入りの廻り地蔵の背負はれて生家に来たるを憶えをりけり

これは筆者の幼い頃の“廻り地蔵(まわりじぞう)”の風習を回想したもの。昭和時代以前は、国民の生活は、衛生事情は劣悪、医療事情も整っておらず、産まれてすぐの赤ん坊が無事に育つかどうかも保証は無かった。地蔵菩薩を信仰、庶民のささやかな希望を神仏に頼るしかなかった。子供一人分の重さの凾入り地蔵が筆者の生家にも廻ってきた。これは神奈川県東南部に顕著な風習だった。今も横浜・埼玉県の一部にその風習は続いている。

 上句下句意味の繋がらぬ歌そぞろ寺山修司が微笑みてゐる

二首目は別の記事にします。画像はネットより無断拝借で許されたい。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
1

2021/8/22  17:33

横浜市長選挙  身辺世相
今日は横浜市長選挙。今日中に結果は解るが、政治情勢は風雲急。当初は現職の大臣を辞職してまで立候補した小此木八郎がすんなり当選と思ったが、事前調査ではそうでもないらしい。何しろ現職の総理大臣の菅義偉は小此木八郎の父親・彦三郎の秘書を永年勤めて今日を成した。何を思ったか現職の参議院議員の松沢成文も立候補。この人物は神奈川県知事まで経験している。現職の林市長もカジノ推進者で立候補。長野県知事経験者の作家・田中康夫、立憲民主党は大学教授の山中竹春支持。有力者は夫々支持層が微妙に異なり混沌としているらしい。

コロナ問題が終息しない昨年、安倍晋三首相が病気で辞任。棚から牡丹餅の菅政権だったがどうやらメッキが剥がれた。横浜市長選にいわゆる革新の山中教授が当選なら、政治の師匠の息子の選挙に力を入れている“菅政権”は打撃。衆議院の解散権も行使できず、自民党総裁選挙に突入、内閣支持率が30パーセントラインらしいからこれは「菅政権」短命で終りそう。

誰が次期総理になろうとも10月初旬のノーベル賞ウイークに関心が移る。首相は、広島の原爆忌で原稿を一枚読み飛ばしたらしく事前に原稿を下読みしていないことがバレた。コロナの対応も東京・神奈川では陽性が増えるばかりでプラス材料はない。菅内閣も火中の栗を拾ったが無理だった。苦労して総理大臣にまで上り詰めたが、所詮その“器”では無かった。

クリックすると元のサイズで表示します
1

2021/8/15  23:54

逃げ切り  日本史
東京オリンピックが終了したあとで良かったが、九州・中国四国を中心に大量の降雨で水害が多発、熱海ほどでないが土石流もあり、町全体が水没、稲作も全滅だろう。NHKが終日を費やして水害のニュースを報告している。

いつの間にか馴れっ子になったがコロナの陽性が東京では連日4000人台。隣県の神奈川も2000人台。加えて横浜市長選で賑やか。現役の大臣を辞職して立候補した小此木八郎が楽勝かと思うが候補者乱立で、いわゆる革新側にも当選の目があるらしい。現職の林市長の立候補は解るが、現職の参議院議員・松沢成文が立候補。元知事なのに何だか怪しい。

「遠くへ行きたい」で一世を風靡したジェリー藤尾の81歳の死去もNHKでは顧みられず、大谷翔平の39号ホームランも大きく報道されない。

オリンピックでは実に面白いことがあった。自転車の盛んなヨーロッパが主流だがロードレースという137キロを走り、何と4時間弱も掛かると言う耐久レース。これに優勝したのがオーストリアのキーゼンホーファー。この競技はオランダ・ドイツ・北欧などが王国。夫々の国がチームを作り勝たせたい選手に協力する。つまり4時間も猛スピードで走るので風除けの選手もいる。一国4人。オーストリアの選手は単独で参加。勝ったのはその選手。

競馬で言えば弱い馬が単独で逃げて後方で実力馬が牽制しているうちに逃げ切ってしまったと言うこと。金メダルと思ったオランダの選手は大きく手を広げてゴール。優勝を確信。だが一分半前に既にゴールした選手が居て2位だと告げられ茫然自失。欧州の小国・オーストリアの金メダル数十年ぶりらしい。ユーチューブで見られるから楽しい。この選手は30歳で数学者。これは快挙だ。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2021/8/8  0:25

馬鹿まるだし  身辺世相
昭和30年代後半に山田洋次監督が、まだ「男はつらいよ」でブレイクする前にハナ肇主演で「馬鹿まるだし」という映画があった。この映画はハナ肇の好演もあって面白かった。山田洋次監督の偉大さはここでは割愛。

3回ぶりに行われたオリンピックの女子ソフトボールは金メダルを獲得した。投手で活躍した後藤希友選手(20=トヨタ自動車)が地元の名古屋市役所に表敬訪問。元々名古屋弁を売りにしている河村たかし市長(72)が、まさに「馬鹿丸出し」というしかなく、金メダルを首にかけてもらっただけでも栄光の御裾分けなのに、マスクを外してメダルに噛みついた。このパフォーマンスはメダルの保持者がすることだ。古稀を過ぎたオジサンが孫の世代の持ちものを“汚い口”でを噛んだ。いいか悪いか判断できないのか。

SNSで炎上したそうだが反省の色はない。元々民主党の衆議院議員だったこの人物。トヨタ労組があって昔の民社党など河村たかしを支援する人もいる筈。芸能人からの批判も大いにあったらしい。首にかけて貰うのさえ遠慮すべきなのにマスクを外して噛みついたのだから始末が悪い。本人曰く愛情表現というが、軽率そのものでこの人物は“メダルかじり虫”という悪名までついたらしく名古屋市民もいい迷惑だ。何をどう考えてもこの人物は品位がない。金のシャチホコも泣いている!

今回のオリンピックのニュースの最悪の「馬鹿まるだし」だった。

クリックすると元のサイズで表示します
3

2021/7/31  16:55

メダルラッシュ  身辺世相
案の定、オリンピックが始まって“お家芸”の柔道でメダルラッシュ、兄妹の顏がそっくりの阿部詩、阿部一二三は、知られることになった。東京五輪が一年延期でメダルを逃したのが、水泳の瀬戸、萩野なのではないか。逆に一年延期で頭角を現したのが400、200m個人メドレーの大橋悠依だろう。5年前はリオデジャネイロも参加できなかった。同一大会で2個の金メダル。滋賀県出身は初めてと、スター誕生だ。録画放送で解るが後半に強く、200mでは後5メートルで逆転した。個人メドレーで第一人者の瀬戸大也は後、5mで逆転され4位。栄枯盛衰なのか、個人事情は知らない。

本日二度目のコロナワクチン接種、個人的には一段落した。会場はむろん老人ばかりだった。猛烈な日差しで会場の公民館まで近いが車を使用。もの忘れがひどくなっている。通院のときは受診券を階段の歩く部分に前夜から置いておく情けなさ。大病院の循環器検査は08月04日。循環器は半年に一度、それをパスできれば半年間生きられる。腹部動脈瘤は外科手術以外小さくならない。それを心配してくれた友人は今年01月死んだ。

コロナの陽性者が東京はついに3000人台。2020東京五輪は反対とのたまわっていた朝日新聞は金メダルラッシュをどう報じているのか。朝日新聞主催の高校野球は例年どおりなのか。密を避けるならこれも無観客か、中止だろう。

ヘメロカリス、クリエィティブエッジ。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2021/7/17  16:18

祝日変更  身辺些事
先月17日に喜寿を迎え早やひと月。呆けが目だってきた。19日月曜日は「海の日」の祝日でクリニックも薬局も休みと思っていた。ところが今年はオリンピックで一週間延期されたことを今頃気付いた次第。近所に昨年できたドラッグストアに併設されている薬局は土・日・祝日が休み。いろいろの服薬は月曜日分で途絶える。誤解したが祝日の移動は今に知った。

3年前クリニックが10日間の夏休み。薬局は7日間の休みだった。筆者は睡眠誘導剤がないともうぐっすり寝られない体質。クスリが切れたのでクリニックの休日が終るまでの二日間の睡眠誘導剤のみ所望した。他の糖尿病予防、血流などは省いて医師の処方箋なしの投薬を2粒お願いしたが断られた。

この場合、薬剤師は正しい。処方箋なしにクスリは出せない。しかし私の言い分は病人があればこそのクリニックと、薬局との意見の対立で声を荒げ、以後この薬局には行かなくなった。個人経営のクリニックは木曜日が休日。大病院は土日が休日。そのとき木曜日だったので大病院の循環器の医師に事情を話し、二日分の服薬10種類をお願いできて事なきを得た。

近所のクリニックの院長も昭和19年生の77歳。最近は、午後は休診。次女の医師、整形外科のみ開院。長女も三女も他の病院の内科医。院長は娘3人の一人は男だったらと多分嘆いている。

添付は一種類百合が咲いていた。ジャスミン。

クリックすると元のサイズで表示します
1

2021/7/14  21:07

ワクチン  身辺些事
スマホを的確に操れないので市役所に赴き、若い職員は苦も無く手続きをしてくれた。遅ればせながら11日にコロナ予防のワクチンを注射。チクりとしたが痛みはそれほどでなかった。二回目は31日になる。

所属短歌会の9月号締切りは毎月15日で明日が期限。7月号三評も明日。冬雷短歌会は今年も大会は中止。昨年に続いて誌上大会となる。この締切りが08月15日、だが年一回の大会でも佳品ができるわけはなし。

また8月15日がやってくる。76年目だ。NHKの取材力は定評がある。今年はどこに焦点を当てるのか。そういう小生の「天邪鬼の探索考」は「あとがき」に戦争などできる国では無かった“七つの無”をつらつら綴ることにした。むろん先達者の受売りでもある。無知、無策、無謀、無能、無為、無視、無常。最後の無常以外は、近現代史の単行本、新書、文庫に挟んである附箋を確認すればいいことだ。拙い論考でも最後まできちんと叙述したい。

添付はヘメロカリスの「ベニマイコ」、漢字なら紅舞妓か!!

クリックすると元のサイズで表示します
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ