2015/6/28  19:29

旧万世橋駅  身辺世相
テリトリー東京 秋葉原06 旧万世橋駅
秋葉原地区から神田川を渡るのは万世橋と昌平橋。万世橋を渡って行くと程なくJR神田駅に至る。距離にして300m。橋の南脇には「肉の万世」の豪華なビルがある。筆者は、肉食は苦手なのでこれはパス。中央通りの向こう側にあったのが「交通博物館」、これは規模を大きくして埼玉県へ移転した。今はJRのビルが出来ている。だが無くさないのは「旧万世橋駅」。ホームも引き込み線も撤去できないのが正解だろう。東京駅から山手線を横切る中央線は大動脈なのでこれは止められない。

ネットで「肉の万世ビル」から撮影した画像を勝手に拝借した。中央線電車の左側にあるのが旧万世橋駅のホーム。しばしばテレビ番組でホームの下部(地上部分)の駅舎・階段などが紹介される。右側の引き込み線の下が赤レンガに囲まれ残っている。2年前、ここが再開発され、少しくモダンな「マーチエキュート神田万世橋」となった。これもメディアで紹介された。店舗は装飾品の店、レストラン、カフェといった按配。“売り”は神田川を臨むレストラン、中央線がスレスレに通る展望の旧ホームにあるレストラン。だがどうもオジサンが勇躍訪問する処でないは確か!

ネットで調べた限りだが明治45年、開業のときは、まだ東京駅は無く、新橋、上野と同様、地方へ行く始発駅だったという。万世橋が営業中止になったのは昭和18年。想像はつくが、今の秋葉原駅の北側広場付近には神田青果市場があった。つまり中部地方から青果の到着がメインであったに違いない。

やはりこれも同じ設計者からなる「赤レンガ」の建物、東京駅は造りかえられ、万世橋はそのまま残された。設計者の辰野金吾は日本銀行本店、日本銀行小樽支店、旧国技館などを設計。日銀に縁はないが荘厳な建造物だと思う。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2015/6/30  15:13

投稿者:湘南の暇人
東京が大都市となってゆくのは、昭和に入ってからだと思いますね。もっと言えば戦後だと思います。
万世橋駅を撤去するよりJRは改造してレストラン街にしたのは悪いことではないと思います。
赤レンガの駅舎を残したのはいいですが、もう少しきれいにしてほしいです。

http://www1.odn.ne.jp/~ceg94520/homepage/

2015/6/30  11:02

投稿者:なりひら
「中央線電車の左側にあるのが旧万世橋駅のホーム。今も
これは撤去されない。」
⇒大阪在住につき、こういう話を初めて知りました。戦
前、万世橋駅という駅が存在したのですね。

http://happy.ap.teacup.com/ibaraki-doji/

※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ