2015/6/30  21:32

安全な場所  身辺些事
ここのところ天候不順やら火山噴火などで日本列島の安全は脅かされている。一昨年?は九州、昨年は広島など西日本に豪雨被害が顕著だった。昨年の木曽御嶽山の噴火にも驚いた。今年に入っても各地で噴火の徴候が伝えられる。拙宅に近い所では箱根大涌谷、長野県・浅間山や鹿児島・桜島は相変わらずだし、同じく鹿児島の口永良部島では、島民は帰れなくなった。山形県・蔵王山も徴候があるらしい。日本の領海内の遥か南、西ノ島も止まない噴火で新島になった。筆者の好きな富士山は大丈夫だろうか!?

4年前の三・一一震災より日本列島の自然災害を改めて認識できる。地球は生きている。5月下旬は、温暖な湘南方面も「震度5」の大地震!だった。大地震の後は、地球の奥深くのプレートが動いて火山噴火を誘発するらしい。

今日は新幹線で焼身自殺があり、酒酔い運転の車の事故は絶えない。今年は危険ドラッグの殺傷事件もあった。イジメや通り魔事件、殺人事件は多発、地方ではクマに襲われることもある。原発事故は終息しないし日本列島に安全なところは少ない!

だが探せば安全なところはあるものだ。それは千代田区永田町、予算委員会の衆議院、参議院は安全だ。一般人は厳重にチェックされるし警備は万全だ。「安保法制」とかのテレビ中継やユーチューブを好んで!見るが安全を通り越してのどかなものだ。政権与党の質問はツマラナイから見ないが、民主党・共産党の質問は面白い。ことに民主党は、衆議院議員は80名くらい居るのになぜ辻元清美の質問が多いのか。舌鋒鋭いが、過去の総理大臣、官房長官、法制局長官の発言の“重箱の隅”をつつくことばかり。

総理大臣は抑止力としての集団的自衛権を言うが野党は聞く耳を持たない。彼らが一切口にしないのが中国の覇権、北朝鮮の拉致。ロシアの戦闘機の領空侵犯にはメディアも報道しない。政治家は日本国憲法を遵守するのは当然、だが国民の安全は憲法が守ってくれるわけではない。民主党はまた元に戻ってしまった。百田尚樹発言など枝葉末節のこと。作家は虚の仕事と知るべし。作家のサービス精神旺盛な発言に反応するのは、甚だ幼稚。

クリックすると元のサイズで表示します
1


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ