2015/7/28  22:57

感じ悪いよね  身辺世相
10日ほど前「新安保法制」が衆議院予算委員会で採決され、本会議でも可決された。国の安全に関わる重要法案だが、安倍内閣も拙速だし、反対する野党も迫力不足で心許ない。安倍サンには、逆風どころか追い風となっている?としか言いようがないが、台風のような自然現象や飛行機事故などが多発して野党の反対も一向に盛り上がらない。だいいちこの猛暑で国会を取り巻く人達も少ないと思うが、熱中症で倒れたら洒落にもならない。

どうもこの処、このブログでの記述は“右翼”っぽくなって自分でも何だか変だ!!とは思うが、日本という国の国民の安全に関する、国の根幹に関わる問題にしては、理想論に終始し現実を意図的にずらしていると思うからである。問題は梅雨明けの猛暑に比べて少しも熱くない。舞台は参議院に移されたが今日のテレビ中継も相変わらず法制局長官が過去に「こう言った、ああ言った」ということと自衛隊の“たられば”の状態を言うばかり。

予算委員会では、民主党の辻元清美議員は「お願いだからやめて」と手を合わせて叫んでいた。何だか場所と時間の違う“女性のお願い”を想像してしまうが不謹慎なのか!?これではマイナスの効果でしかない。テレビカメラからはきっちりと映るのを計算済で、必要なときに涙も出せる?というから、この議員は女優が向いている。

筆者の外交的感想は中国・北朝鮮・ロシアの脅威だ。なぜ与野党とも知悉して居る筈の脅威を口にしないのだろうか。欧米とイランの「核開発断念の合意」されたが、北朝鮮の中国大使は「一方的に、核を凍結したり、放棄したりするような対話には全く関心がない」と強調、このニュースは日本のメディアも小さな扱いだ。中国の膨張にいちばん敏感な筈の沖縄があくまで反基地・反米なのは皮肉。

平成21年の総選挙で民主党に一票を投じたことはわが人生の悔恨の一つ。平成22年秋の「中国漁船衝突事件」で海上保安庁の職員がユーチューブへ投稿して解ったが菅直人政権はこれを隠した。翌年福島原発事故の対応を誤る。だからこそ24年の総選挙で240人の議員が80人になった。国民を騙した罪は重い。安倍首相の欠点は「言論の自由」に無頓着!なことに決まっている。

クリックすると元のサイズで表示します
0


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ