2016/5/21  23:45

昭和の仕事  身辺世相
私の好きだった脇役・悪役俳優は、中学時代の友人のリクエストに応えるべく天知茂・内田良平を追加する予定。天知茂は、三島由紀夫も称賛した江戸川乱歩の「少年探偵団」に出てくる明智小五郎役に尽きる。内田良平は明治時代の国士と同姓同名。これは目下精査中。だが天知茂は、若い頃、悪役も演じただろうが、この俳優は主演クラスの俳優で脇役ではない。新東宝出身でも丹波哲郎と肩を並べる大物だったのが印象。

通販で昭和の戦争、政治、経済、世相、映画などあらゆる本を購入しているが先頃、手に入れたのが添付の本。実際、昭和の時代と共に消えただろう職業はイラスト入りで詳しい。悲しいかな筆者の経験した活版印刷も間違いなく平成時代初期までだった。鉛の活字を拾う「文選工」が紹介されていたが“ぶんせんこう”と文字入力しても該当する文字をパソコンが記憶していないのが哀しい。他にも今は、コンビニの時代、デジタルの時代、用を為さない職業も多岐に渡る。「赤帽」「バスガール」「炭鉱夫」「アイスキャンデー屋」「純喫茶」「駄菓子屋」「氷屋」など。

月末の仕事が到着。暫くブログ記述は休みます。

クリックすると元のサイズで表示します
0


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ