2016/5/28  23:21

べらぼうな話  身辺世相
所属短歌会の選者にして作歌歴50年の長老の先生が18日、95歳の天寿を全うされた。23日の月曜日に江東区豊洲の通夜へ赴いた。先年8月中旬、自転車事故に遭遇、大怪我をした畏友で歌友の元看護士も通夜に姿を見せた。これは先ずは一安心。歌の才能は、筆者より遙かに上を行く女性でいずれ復活するだろう。帰路は、枝川から豊洲4丁目まで運河を一つ越えて歩き、これは計算外で大いに草臥れた。

今、東京都知事がいわゆる“文春砲”を浴びてアップアップ。辞任は時間の問題。こんな人が都知事になったのが問題だ。結婚・離婚は自由だが、愛人の子への養育費すらケチっているのが、当初から問題視されていた筈。民主党政権誕生のとき自民党を批判して党を離れたのだから、今都知事でいられるのがラッキーですらある。それが判っていないから問題だ。

都知事からして公私混同は目立つが、これは公務員全体の問題。筆者の親戚筋でさえ、夫婦で東京都の公務員退職のあとは、亭主29万円、妻21万円、二人で毎月50万円の年金。給与・ボーナス・退職金・年金はべらぼうな数字なのだ。報道される都知事の問題は何かしら全体のスケープコードに見える。

いわゆる積ン読でカバーが掛かって、それっきりだったのが添付の本。再読の価値がある。西暦1998年の内容は18年経過して、聊かも是正されていない。

クリックすると元のサイズで表示します
0


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ