2016/6/30  21:24

宝塚記念  身辺些事
目下、日本の中央競馬会で最強のサラブレッドが牡4歳の「ドゥラメンテ」。昨年の3歳クラシックで皐月賞・ダービーの栄冠に輝いた。小さな骨折があって秋の菊花賞は断念した。「ドゥラメンテ」とはイタリアの音楽用語で「荒々しい、はっきり」だと言う。そのドゥラメンテが06月26日の「宝塚記念」で2着に入選したあと、故障が発生。4日後の今日、電撃引退となった。

サラブレッドの場合、走ることに特化されて作られた動物だから骨折すると手術はできても、人間のように寝たきりでは過ごせない。運動が出来なければ内臓が持たず、たいていは蹄葉炎に罹患、蹄から黴菌が入り狂死する。だから「予後不良」として薬殺処分となる。どんな名馬でもそれが運命だ。ドゥラメンテは殺処分になる程の重傷ではなかったのが救いだ。

筆者は20代から30代は東京の下町在住だったから日曜日は、中央競馬に親しんだ。場外馬券売場は、錦糸町、浅草、後楽園、東銀座と困らなかった。今の湘南・平塚では横浜まで出掛けないと馬券は買えない。インターネットでの購入は、インターネットが好きでも、それは競馬の邪道であってとうてい趣味ではない。馬券を手にしなければ競馬とは言えない。

幸か不幸か今では馬券購入は限られる。東京に出掛けるか、撮影のための横浜行きかどちらかだ。したがって東京生活では考えられなかったが春と秋の競馬のクラシックシーズンだけだ。これも幸いだが、ギャンブル依存症ではないから長年の歴戦のデータがしっかり記録されていて熟考できるものに限られる。それでも自分の予想が的中するのは三・四回に一度の割合だ。

05月01日の「天皇賞」で歌手の北島三郎の持ち馬「キタサンブラック」が競り勝った。前年の菊花賞と共に3000m(人間ならマラソン)以上は強い。宝塚記念は、2200mの中距離。今回は必ず疲労が残っていて必ず何かの馬に競り込まれるとの予想がズバリ的中。それも“ハナ差”での3着で、そこまで的中。1着馬は昨年から目を付けていた牝馬の「マリアライト」、2着は外さないのがドゥラメンテ。昨年暮れの有馬記念、4月の青葉賞、5月の天皇賞はコケて、漸く本年の投資を回収した。あとは秋のシーズンを待つ。

ドゥラメンテは、母が「アドマイヤグルーヴ」、その母が「エアグルーヴ」、その母が「ダイナカール」、昭和の名牝だった。この血筋が引き継がれるのは嬉しい。添付はインターネットから拝借。奥からキタサンブラック、マリアライト、ドゥラメンテ。撮影された角度は少しゴール前だと思う。手前2頭が1・2着。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ