2016/9/15  22:56

ちあきなおみ  身辺世相
歌手「ちあきなおみ」が引退状況になって久しい。週刊新潮09月22日号で画像がキャッチされている。神奈川県二宮町に住んでいるとの噂だけでよく知らなかったし、あまり興味もなかった。ただ歌は上手く船村徹作曲のCDは今もよく聴いている。本人のオリジナルは所持していない。

ちあきなおみは昭和22年生だから68歳。亭主の郷瑛治は、1992年に亡くなった。以来、歌手活動は停止した。すでに24年を経過している。

毎週木曜日に必ず週刊新潮を購入する習慣は、40年を越えている。今ではたいてい週刊文春も買う。月刊誌も「文藝春秋」と「新潮45」。このブログの記事も、それらの“受け売り”に過ぎない。

今回の週刊新潮の画像ゲットもいいタイミングだ。望遠レンズでキャッチしているが、別にサングラスや帽子で変装しているわけではないし、少なからず演歌ファンの筆者には、消息が分かっていい。人気歌手だったのでプライベート侵害でもないだろう。24年間、月命日には墓参していると言うから郷瑛治が羨ましい! 郷の兄は宍戸錠、義兄だ。

高畑淳子と息子の高畑祐太の眼付きが悪く、母子でそっくり、なんて記事はツマラナイ。週刊文春の歌舞伎役者・中村橋之助の浮気の記事もツマラナイ。

なお高畑淳子は「あつこ」だった。この女優は興味がない。他のジュンコさんに申し訳なかった。

クリックすると元のサイズで表示します
3

2019/6/16  20:44

投稿者:Shion
綺麗ですね。お変わりないご様子〜流石プロですね^^

ただ今、
BS「ちあきなおみに迫る特別番組」
「ちあきなおみ 再び始まる歌姫伝説〜デビュー50周年新
たな魅力再発見〜」(夜7:00-8:54)が
6月16日(日)BSテレ東
を視聴しています。

ちあきさん歌唱では
「朝日のあたる家」が1番好きです。
強くて気だるくて、娼婦の歌なのに清潔です。

ちあきなおみさんへ
「作詞作曲できる日本人は居るか知らん?」

https://blogs.yahoo.co.jp/shion1082001/

※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ