2016/9/28  23:37

汚名返上・名誉挽回  身辺世相
09月26日、産経新聞に囲み記事だが「マクドナルド・昭子」さんの努力が、載った。当欄では、昨年、初頭「日英和解運動」に取り組んでおられるマクドナルド・昭子さんの記事を書いた。また昨年、今頃、その昭子さんが日本へ訪問されたとき、ご指名で丸ノ内・丸善でお会いした。

何度も記述しているが、マクドナルド・昭子氏は、インパール作戦で辛うじて生き残った兵士を父に持つ。イギリス人と結婚され渡英して、生きた英語を駆使、日本の電気製品を売り込んできた。そこでは学者や外務省の人間が話す優等生の英語は通用しない。日本のパナソニックやシャープの電気製品を売り込むのである。日本語会話が億劫になるほど英会話能力を磨いたらしい。

昭子氏が、イギリスで運命的に知り合った平久保正男氏(商社勤務の後、日英和解運動を精力的にこなされた)は、インパール作戦で陸軍主計中尉だったことだ。平久保氏亡きあと「ビルマ作戦協会」を継いで頑張っている。

インパール作戦とは昭和19・1944年03月から06月、今のミャンマー、ビルマでの戦い。日本軍とイギリス軍が戦った。日本軍兵士は7〜8万人が動員され、6〜7万人が戦死、殆どは戦病死・餓死だった。100人のうち91人が亡くなった。イギリス軍も2万人の戦死者を出した。この戦いでの日本軍の英軍捕虜への扱いが過酷を極めた。今までイギリス軍兵士は、これを恨んでいた。有体に言えば、当時のこの作戦のビルマ方面軍は、自国の兵士にすら物資を供給できないほど困窮していたのが真相。神州不滅・鬼畜米英などは願望であって戦争しても勝てない。敵国の捕虜の扱いがぞんざいなのは物理的にできなかったと認識すべきだ。

平久保正男氏、マクドナルド昭子氏が、やや雑な指摘だが“戦争はお互いさま”と日本軍のしたことを安易な謝罪ではない説得を試み、和解運動をしてこられた。いわゆる自虐的な日本の進歩的文化人・学者に昭子氏の“爪の垢を煎じて”飲んで頂きたい。ロンドン在住でしかも英国籍なのにである。

最近は、進歩的文化人と反体制メディアは、殊に「慰安婦問題」では嘘を着き通して国益を損ねた。週刊誌に“売国奴”と表現されて狼狽えている。彼らの好きだった共産主義国家は、独裁者を産んで、戦前の日本を遙かに上回る自国民を抹殺しているのをどうして断罪しないのか、不思議だ。

個人的見解だが、やはり安っぽい反権力は、戦前の反米・反英に通じる。単純な正義・理想が願望となって精神論となってしまう。理想でなく実態、正義ではなく現実、願望ではなく真実をどうして見ないのだろう。昨今の沖縄の基地問題ほど理想と現実が乖離しているように思うが、筆者の独断と偏見なのか。沖縄の知事は、沖縄国大統領にでもなったような按配だ。

クリックすると元のサイズで表示します
3


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ