2016/12/31  23:08

天邪鬼続行  身辺些事
今年のブログもかなり世間的には、天邪鬼理論を展開してきた。短歌会に於いて歌を詠むのと短歌誌作りにも関わっているが、ブログでは政治的発言専門で、箍が外れた按配。筆者は、日本国憲法は改正大賛成の立場だから、もうそれだけでかなり右翼っぽい。憲法を改正しても戦争など起きはしない。

「日曜赤旗」は日本共産党のプロパガンダだから、その見出しだけで目くじらをたてることは無いが、どうも戦争と平和をしごく単純化しているような気がする。先頃、ロシアのプーチンが来たが、北方領土はひとつも還って来なかった。これは独裁を産んだだけの共産主義の元祖の国だ。そのソ連の共産主義が日本共産党の原点だから日本人の大半には絶対に信用されない。

アベノミクスは失敗だと思うが、安倍晋三総理の外交姿勢だけは支持せざるを得ない。日本の水資源の豊かな土地を買い漁り、一歩一歩着実に沖縄の小さな島々の周辺に進出してくる中国は不気味で日本の野党、メディアはどうして大人しいのだろう。尖閣諸島を国有化したのは民主党政権だった。アメリカの海兵隊が実態として中国への抑止力になっているのに、当の沖縄では“オール沖縄”などと言って日本の国家予算の確保ばかり言っているような気がする。

筆者が勝手に名付けたのがMSK症候群。これは戦前戦後変わらず永久に不滅だから、ここから照合して来年も言いたい放題の天邪鬼論を展開する。

M=見て見ぬふり S=触らぬ神に祟りなし K=臭いものにフタ

来年の初頭から「佳き国日本 異論」を展開。評論家擬きの知ったかぶりに終始したい。先ずは「日本国憲法」の前文、いわゆる「まえぶん」だ。
◇平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して─
◇自国のことのみに専念して他国を無視してはならない─

先ずはこんな美辞麗句は外すことが先決問題だ。憲法と云えばすぐ「9条」、8条までは「天皇条項」だ。天皇を無視することは許されない。9条2項で「交戦権」を認めないとあるが、これもおかしい。いちばん重要なのは21条・表現の自由、66条2項の「内閣総理大臣は文民」のふたつ。

今日の画像にとくに意味はない。もうひとつ「1」があれば。

クリックすると元のサイズで表示します
1


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ