2017/6/21  22:40

主流と傍流 終  政治
白河以北一山百文」なる表現がある。「白河の関所より北の土地は、一山で百文にしかならない荒れ地ばかり」というかなり東北地方を侮蔑した表現。「戊辰戦争」では、新政府軍を率いた主に薩長が、会津藩を滅ぼした。政府軍・官軍は会津からかなり北上したと思う。(この項目推敲します)

今の安倍晋三内閣の官房長官・菅義偉は、秋田県出身でいわゆる賊軍なのか。集団就職が出発点、その出世物語は前回記述した。安倍晋三は、その官軍、長州の山口県出身だ。今でこそ官邸の主で権力を握っているが、その出自は雑駁な議論だが傍流だと思う。主流は官立の帝国大学を卒業して明治時代末期には早くも成立していた東大閥だ。

安倍首相の祖父・岸信介の伯父は松岡洋右。アメリカの三流大学の出身だから傍流を余儀なくされた。パリ講和会議など活躍したが、松岡は外務省を20年で辞めている。政治家になってからは東大閥の幣原喜重郎と対立した。そこには三菱vs三井も絡む。松岡が山口県出身でも長州閥の陸軍を阻止できなかった。

筆者の定義はあくまで主流は、熾烈な試験で勝ち上がってきたゆえに霞ヶ関官庁の官僚群と認識する。法律に知悉、許認可を握るから日本を動かす上では主流・本流。政治の世界でのし上がってきた者とは根本的対立があるということ。

添付の本は丁寧に読み返す。官軍出身の薩長が太平洋戦争を始めて、賊軍といわれた関東・東北の出身の軍人が戦争を終わらせた、という記述。昭和史の専門家が言うなら説得力がある。でも薩長を立上がらせた原因は、265年の特異な徳川体制だ。薩長に賊軍と決めつけられても当然だ。

月末の仕事の原稿が到着。ブログは暫時休みます。

クリックすると元のサイズで表示します
2


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ