2017/10/18  22:14

期日前投票02  政治
「真骨頂を極める」とは他人への評価を言うのだが、天邪鬼たる筆者の場合は、他人が言ってくれないので自分でいうことにする。それは政治への見方。天邪鬼の見方を自分で評価する。逆の逆は真なり、とも言うのか言わないのか。それは「希望の党」の小池百合子への評価。小池の父親の知人である石原慎太郎に“厚化粧のオバサン”と言われて、その反目が、都知事へと圧勝させた。都議会選挙も自民党はコテンパンに負けてしまった。「希望の党」は、大旋風を巻き起こしたかに見えた。

風見鶏とも称される小池百合子は、民進党の議員を「リセット」「排除」の言葉で風向きが変わったことは、これは大いなる奢りというしかない。勢いで国政の党首になったが、民進党の大半の議員を手中にしたと思ったら、そうはいかなかったことになる。政治家の失言は、大いに流れを変えることになるのを実感した。だが「憲法改正」を踏絵にしたのは間違いではないと思う次第。

昨日は「期日前投票」をした。そこで投票目的?の日本共産党が放棄して協力を申し出たその「社民党」の悪口を書いた。序に立憲民主党の候補者は、福島原発を大事故にした「菅直人民主党政権」の主要なメンバーではないのか!と指摘した。だから多分選挙後は「憲法改正反対」が党是となるのではないか。小池百合子に排除されて落選確実なのに、いわゆる逆風が吹いて、棚からぼた餅とはこういうことだろう。

読んでいないが、朝日・毎日・東京新聞は、安倍政権排除で小池百合子を持ち上げていた筈。月刊文藝春秋も週刊ポスト、週刊現代も小池ヨイショだった。「新潮45」や週刊新潮は反小池だった。週刊文春は「売れればいい」ので反小池。大いなる風見鶏の筆者は、親小池を卒業して反小池、転じて親小池にした。福島原発の事故は人災だ。菅直人・枝野幸男の立憲民主党は支持できない。

期日前投票では、当選は100%ない「希望の党」の候補者、比例区も希望の党に投票した。最高裁判事は、東大法学部出身の三人を罷免に×印をつけた。筆者の天邪鬼の視点と思想はここに極まれりだ。

添付は総武線両国駅の横綱のパネルを撮影。第65代横綱・貴乃花の手形。

クリックすると元のサイズで表示します
1


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ