2009/3/19  10:16

メジロ  身辺些事
「コヒカンザクラ」の枝に来るメジロはズームレンズでも撮りにくい。みかんを輪切りにして自宅の物置の屋根にのせて撮影した次第。
以下はメジロから思い出すことなど。

◇メジロ=全長12cm前後、スズメよりも小さめ。緑がかった背と暗褐色の羽を持ち、雌雄同色。目の周りの白い輪が特徴であり、名前の由来。

◇「メジロ」で思い出すのは青木光一(あおきこういち・大正15年(1926)生・現日本歌手協会名誉会長)の「柿の木坂の家」の2番。作詞は石本美由紀。作曲は船村徹。

 春には青いめじろ追い 秋には赤いとんぼとり
 柿の木坂で遊んだ昔 懐しいなァ しみじみとョ
 こころに返る 幼い夢が

◇20代から30代にかけて中央競馬にのめりこんだ。メジロを冠したサラブレッドが多かった。メジロ牧場は、北海道虻田郡洞爺湖町にある競走馬の生産牧場である。日本屈指のオーナーブリーダーであり、史上初の牝馬三冠馬メジロラモーヌ、G1競走5勝を挙げたメジロドーベルなど数々の名馬を生産している。建設会社・北野組社長で馬主の北野豊吉が創始者。由来は文京区目白に自宅があったから。新馬より天皇賞などの古馬の競争に強かった。

メジロアサマ(天皇賞)・メジロタイヨウ(天皇賞)・メジロムサシ(天皇賞)・メジロティターン(天皇賞)・メジロパーマー(有馬記念)・メジロブライト(天皇賞)・メジロラモーヌ(桜花賞、優駿牝馬、エリザベス女王杯)・メジロデュレン(菊花賞、有馬記念)・メジロマックイーン(菊花賞、天皇賞)

◇都内の豊島区目白、目黒区目黒の名は知られている。「五色不動」は江戸五色不動とも呼ばれる。徳川家光が天海僧正の建言により江戸府内から5箇所の不動尊を選び、天下太平を祈願したことに由来する等の伝説が存在する。五色不動は基本的に天台宗や真言宗の系統の寺院にあり、密教という点で共通している。
 目黒不動 瀧泉寺(東京都目黒区下目黒)
 目白不動 金乗院(東京都豊島区高田)
 目赤不動 南谷寺(東京都文京区本駒込)
 目青不動 教学院(東京都世田谷区太子堂)
 目黄不動 永久寺(東京都台東区三ノ輪)
 目黄不動 最勝寺(東京都江戸川区平井)

クリックすると元のサイズで表示します
0


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ