2017/12/14  21:44

東京駅前広場02  身辺些事
前回も記述したが「東京駅前広場」が完成した。この10数年、東京駅周辺は常に工事中だった。丸ビル、新丸ビル、旧国鉄本社(現オアゾ)、南口の日本郵政ビル、東京駅前地下、東京駅舎、最後に駅前広場が完成したことになる。

松本清張の「点と線」のトリックに使われた東京駅15番線は、今は無く10番線までである。14番線からは新幹線だから11・12・13番はない。昔の横須賀線は昭和の時代か、記憶に定かにないが丸の内側の東京メトロ「丸の内線」より深いところに造られた。ここで横須賀線と総武線が繋がった。

筆者がまだ勤務先の秋葉原に通勤していたときに旧国鉄本社跡地に今のオアゾなる高層ビルが建設中だった。毎日、朝07時45分頃、山手線に乗り換えるとき建設現場では、建設従業員が朝のラジオ体操をしているのが見えた。

添付は東京駅前広場の北口方面から南口方面を写したもの。日本郵政のレトロな建物を前に高層ビルが建つ。この方式は、丸の内周辺のビルは同じく前に昔の建物保存、後ろに高層ビルの形式。銀座の歌舞伎座も同様。日本郵政のビルを残せと主張した鳩山邦夫は団塊世代だが亡くなっている。

クリックすると元のサイズで表示します
1


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ