2018/2/8  22:07

梅伐らぬバカ  身辺些事
老人になると皮膚感覚が鈍くなるというが、筆者本人は、この冬は殊の外寒さが身に染みる。「貴乃花の告白」があるので週刊文春を購入しにコンビニへ行った。道中、お日様に向かってしばらくビタミンDを頂く。午後、日が照っているのに横なぐりの雪。やはりこの冬は湘南でも寒い。

35年前、新築のときに叔父から頂いた梅だが“梅伐らぬバカ”で隣家の屋根を凌駕している現状。この梅がそろそろ芽吹くので重い腰をあげてインターネットで、梅の木の伐採を探索した。

一昨年、家の中の不用品を始末したときの業者は居宅介護施設の方が、紹介してくれた。三トントラック満載で15万円も支払った。もう一軒の業者はどんぶり勘定で25万円とのたまう。高いと言ったら20万円でいいとは好い加減な値段、これはさすがに断った。その時の業者は庭の梅の木の伐採は65000円との由。これも高くて、そんなにするわけは無いと、これは無言で通した。素人でも解るべらぼうな値段

剪定・伐採の「庭クイック」なる業者に添付の木の始末を頼んだ。画像をメールに添付して値段を訊いた。「案ずるより産むが易し」、伐採9000円、処分費用10000円。税込み20000万円強だった。

クリックすると元のサイズで表示します
2


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ