2018/4/14  21:38

皐月賞  身辺些事
明日は中央競馬のクラシック牡馬・三冠のスタート「皐月賞」。ダービー・菊花賞制覇の三冠馬は最近出ない。皐月賞は最も思い出のあるレース。筆者の私が中央競馬に嵌ったのが昭和44年だった。昭和52年、人気薄の福永洋一騎乗の「ハードバージ」を中心に5点買、枠番2─2で7730円、×10、77300円になった。この時、秋葉原電気街で購入した電気スタンドは、40年間使い続けているがまだ壊れない。福永洋一は2年後、落馬、脳挫傷で車椅子の人になった。

福永祐一は息子。明日の78回皐月賞は福永騎乗の「ワグネリアン」が一番人気で1枠での好位スタートになる。ここ二年間、福永はG1(格付け最高位)の勝利がない。勝って欲しい騎手だ。

3着以下の無い馬は3頭。5番のキタノコマンドールはビートたけしの命名。15番のスティルビオも有力。5番はイタリア人のMデムーロ騎乗。15番はフランス人のCルメール。明日、船橋の中山競馬場は降雨の予想。人気三頭は、ノーザンファームの生産馬。社台ファームと共に日本の競馬会を席巻している。

それ以外の小規模の牧場の生産馬に勝って欲しいのが天邪鬼の筆者の願い。人間で言えば青少年の3歳馬。加えて首都圏は、明日は低気圧が通過らしく風雲急! この先3年間ほどの名馬は誕生するのか。10番ジェネラーレウーノに注目。スクリーンヒーローの子だから重馬場は良い筈。来年で競馬ロマンの経験50年。出でよ名馬!!

今はテレビの観戦だけだが、観戦だけだと良く当たる。

クリックすると元のサイズで表示します
2


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ