2018/4/30  22:07

認知症予備軍  身辺些事
コンピュータの時代、馬券購入も一定額を中央競馬会に納めていて、そこからパソコンで購入する時代。筆者はパソコンを駆使?する人間だが、中央競馬だけは場外馬券売場の窓口で購入するのが正道だと思う。従って湘南方面からは近くて横浜市伊勢佐木町まで出向かなければならない。月一回、上京する時だけ購入するのが正解。所詮ギャンブル、そんなに的中する筈もない。

昨日の天皇賞は本命・対抗の馬で1070円の配当。的中しても700円しか儲からなかった。2着の馬は「横浜の大魔神」こと元プロ野球の佐々木主浩の持ち馬。必ず自分の持ち馬に“ヴ”をつける「シュヴァルグラン」だった。筆者は狙い過ぎで「ガンコ」という馬を狙い、13着のお粗末。

クリニックで毎年「認知症」の検査を受けるが、これはどうやらクリアしているが、毎日必ず何かの勘違い、度忘れがある。出掛ければこれに拍車がかかる。昨日は昼食を忘れたし、目的の場所へは行き過ぎ、迂回は初中。

昨年のことだが、ウォーキングが終わったあと、家の中に入ろうとしたとき電話が鳴っているので居間へ急いだ(結局セールスの電話)。鍵はそのまま忘れた。近所のおばちゃんが時々好意で惣菜を提供してくれる。この時、このおばちゃんが鍵穴にキイを差し込んだままの状態を発見、指摘され呆れられた。これは明らかに認知症予備軍だ。爾来、施錠しないままの散歩も多くなっている。拙宅を囲むかかたちの4軒には勝手口の鍵の在り処を報告済み。信じる者!?は救われるのだ。

まだ読んでいない筈と買い込んだ文庫本・新書本の同じものを購入したことがこれまでに3回。4回目の失敗が添付の本だった。本の名が「大誤解」とは念が入っている。これは確かにやばい。太平洋戦争・近代史・現代史の書籍は、文庫・新書に限定しても書架は5つ。すぐ読まないが、とりあえず購読の本が多いのが実態。記憶力の減退は確実なのだ。

クリックすると元のサイズで表示します
0


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ