2018/8/10  22:35

四万六千日  観音霊場
近隣の坂東三十三観音07番・金目観音の「四万六千日」とかで午後2時に出掛けたが閑散としていた。猛暑たけなわでは出店の「たこ焼き」も「氷水」もまだ準備段階で、テキヤの兄さん方も夕方に備えているのか半ばぐったりしていた。観音巡りは観音菩薩が本尊の寺。ここ金目観音は天台宗で本尊は「聖観音」。この菩薩は阿弥陀如来の脇侍を超えた独立したもの。

この金目観音は筆者の幼少時は無人だったが今は、天台宗の高層が住職。この住職も最近衰えが目立っている。

蔵書紹介16 スパイ・諜報新書・文庫

◇『フリーメイソン』吉村正和 講談社現代新書 1989年
◇『陸軍中野学校実録』日下部一郎 KKベストブック 2015年
◇『秘録 陸軍中野学校』畠山清行著・保阪正康編
 新潮文庫 平成15年
◇『ハル・ノートを書いた男』須藤愼志 文春新書 平成11年
◇『秘密のファイル・CIAの対日工作』上・下 春名幹男
 新潮文庫 平成15年
◇『大本営参謀の情報戦記』堀栄三 文春文庫 1996年
◇『ある情報将校の記録』塚本誠 中公文庫 1988年
◇『日米情報F』実松譲 光人社NF文庫 2009年
◇『マリコ』柳田邦男 新潮文庫 昭和58年
◇『諜報機関』ニュースなるほど塾編 KAWADE夢文庫 2012年
◇『モサドその真実』落合信彦 集英社文庫 1984年
◇『甘粕正彦 乱心の曠野』佐野愼一 新潮文庫 平成22年
◇『悲運の大使 野村吉三郎』豊田穣 講談社文庫 1995年
◇『神々の軍隊VS国際金融資本の超暗闘』浜田政彦
 徳間書店 5次元文庫 2008年
◇『中韓産業スパイ』渋谷高広 日経プレミアム 2015年

クリックすると元のサイズで表示します
0


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ