2018/8/18  20:42

手術延期  身辺些事
平成24年06月、第4腰椎を骨折、爾来憚りなく杖をつく按配。その腰部をMRI撮影したところ腹部に動脈瘤が見つかった。これも爾来1年に数回検査を続行。腹部動脈は健康な人間でも20oの太さらしい(太さか直径か長さかよく解らない)。これが血管の内壁に垢!?が溜まると太くなり末期には破裂して死に至るという。5年間の間に少しずつ大きくなっているらしい。先日は検査入院までしたが動脈瘤は縮まることはない。

筆者の場合、長年の喫煙で「肺気腫」でもあるから直ちに人工血管の手術は困難という結論になった。肺気腫はいずれ酸素ボンベ装着の事態にもなる可能性は大。腹部動脈の破裂!?は何れ免れまい。自業自得だ。

ネットで調べたら有名人も腹部動脈瘤破裂で多くが黄泉の国の人になった。いずれ我が身にもお迎えが来る。

◇河野 一郎 政治家 68歳 1965・07
◇司馬遼太郎 作家  72歳 1996・02
◇藤田まこと 俳優  78歳 2010・02
◇米倉斉加年 俳優  81歳 2014・08
◇早坂  暁 脚本家 89歳 2017・12

蔵書20 山本七平関連

◇『日本人とユダヤ人』角川文庫 昭和46年
◇『空気の研究』文藝春秋 四六判 昭和52年
◇『日本人の人生観』講談社学術文庫 昭和53年
◇『日本資本主義の精神』カッパブックス 昭和54年
◇『日本人的発想と政治文化』日本書籍 四六判 昭和54年
◇『日本教徒』角川文庫 昭和55年
◇『「常識」の研究』日本経済新聞社 四六判 昭和56年
◇『「常識」の非常識』文春文庫 1994年
◇『一下級将校の見た帝国陸軍』文春文庫 1987年
◇『ある異常体験者の偏見』文春文庫 1988年
◇『私の中の日本軍 上』文春文庫 1983年
◇『私の中の日本軍 下』文春文庫 1983年
◇『日本人とは何か・上』PHP研究所 1989年 四六判
◇『日本人とは何か・下』PHP研究所 1989年 四六判
◇『Voice 山本七平記念号』PHP 平成04年

クリックすると元のサイズで表示します
1


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ