2018/10/8  22:38

豊洲市場  身辺世相
日本人はどうも実質を見ないで感情論に傾くのは昔も今も定説のようだ。最近の感情論と事実論の対立が「LGBT問題」と「築地市場移転問題」。それもこれもメディアの“安倍一強時代”に絡んでいる。LGBTの杉田議員は、みんなの党出身で殊更旧ソ連のコミンテルンを引き合いに出す比例区のみの自民党衆議院議員。旧ソ連を悪く言うのはそう間違いではない。

安倍政権と対立する小池百合子が自民党を離党、安倍政権、石原慎太郎元知事への反権力気分が効果を発揮して知事に当選、築地魚市場を「豊洲」に移転する問題は頓挫した。都議会選挙では公明党・創価学会が味方して豊洲移転は更に遅れた。毎日のように都議会自民党のドン内田茂がやり玉に挙がった。これはやはり感情論だ。今では都議会自民党はニュースにもならない。おまけにどうしようもない野党の面々を手玉にとって小池人気も瓦解した。

自民党など全く贔屓にしていないが、豊洲移転は、小生は以前から賛成。豊洲市場の地下水で市場の魚を洗うわけではない。築地の競りをする場所などは鼠とゴキブリが普段、跋扈する不潔な場所。かつ作業員がトイレを済ませたあと地面に置かれた冷凍とは言え、マグロの周囲をウロチョロする。築地の建物は今年春、見て驚いた。建物は赤錆のめだつ代物。「築地ブランド」も結構だが不潔な場所に老朽化していたのは事実。

蔵書35 神奈川県関連 四六判が基本

◇『かながわ古社寺散歩』神奈川県観光協会編 昭和書院 昭和47年
◇『神奈川文学風土記・上』小奈晴夫 昭和書院 昭和47年
◇『神奈川県の歴史』中丸和伯 山川出版社 昭和48年 
◇『神奈川の文学散歩』郷土文学研究会 栄松堂書店 昭和49年 新書判
◇『日本の民俗14 神奈川』和田正洲 第一法規 昭和49年
◇『江ノ電沿線 文学散歩』金子晋 江ノ電沿線新聞社 昭和54年
◇『神奈川県の歴史散歩・上』山川出版社 2005年
◇『神奈川県の歴史散歩・下』山川出版社 2005年
◇『神奈川県の歴史』横浜歴史研究会 メイツ出版 2013年 A5判
◇『カメラが撮えた神奈川県の昭和』
  新人物往来社 2013年 四六判変形横置
◇『あなたの知らない神奈川県の歴史』
  山本博文監修 洋泉社 2012年 新書
◇『神奈川県の歴史散歩』神奈川県高等学校教科研究会社会科歴史部会
  山川出版社 文庫版 1976年
◇『歴史を歩く深掘り神奈川』泉秀樹 2015年 PHP文庫
◇『人物でめぐる神奈川県謎解き散歩』小市和雄編
  KADOKAWA 2014年 文庫版
◇『ブルーガイド丹沢』奥野幸道 実業之日本社 昭和51年
◇『横浜今昔散歩』原島広至 中経出版 2014年 A5判
◇『JTBキャンブックス 横浜大桟橋物語』客船とみなと遺産の会編
  JTBパブリッシング 2004年 A5判
◇『花散歩 神奈川を歩く』ブルーガイド編集部 実業之日本社 2003年
◇『かながわの記憶─報道写真でたどる戦後史』神奈川新聞社 2010年 B5
◇『大空襲5月29日─第二次大戦と横浜』今井清 有隣新書 昭和56年
◇『相模湾上陸作戦』大西比呂志他 有隣新書 平成07年
◇『東慶寺と駆込女』井上禅定 有隣新書 平成07年
◇『米軍基地と神奈川』栗田尚弥編 有隣新書 平成23年
◇『日本史のなかの横浜』五味文彦 有隣新書 平成27年
◇『大山詣り』川島敏郎 有隣新書 平成29年

クリックすると元のサイズで表示します
0


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ