2018/12/15  23:22

池上彰  身辺世相
今日もテレビ朝日で池上彰解説の「そうだったのかシリーズ」を放送していた。池上彰の番組は内臓テレビに録画して寝しなにみることにしている。ツマラナイ部分を早送りしたいからである。10年以上前に当初は「学べるニュース」の政治解説で、池上は大ブレイクした。NHK記者出身だから政治・世相の解説は子供にも解りやすく民放テレビの新しいジャンルを開拓した。

だが同じような作りだと所謂、飽きが来る。ヒナ段に並ぶタレントが、お笑い芸人とか聞いたこともない若い女性タレントでは所謂これも“添え物”にしてもクイズ形式の池上の質問にも全く答えられない。番組制作費の問題なのか、バラエティ番組の本性なのか真面目に見られない。

後発のテレビ東京の「池上彰の世界を見に行く」はいい番組だと思う。日本史・世界史に出てくる常識的なことは知悉している宮崎美子、アメリカ人のパックンなるタレントも物知りだ。殊に池上は戦争・スパイ・中東に強い。これは録画保存してある。衆参の選挙があればテレビ東京の視聴率がいいのは池上の遠慮のない質問だからに相違ない。池上が評判のいい?のは、自分自身の政治信条は決して吐露せず野次馬に徹しているからだと思う。

蔵書56 風俗関連

◇『陰学探検』小沢昭一・永六輔 創樹社 1972年 四六判
◇『小沢昭一雑談大会』小沢昭一 芸術生活社 1972年 四六判
◇『性欲の研究 東京のエロ地理編』井上章一他 平凡社 2015年 A5判
◇『羞恥心の現代史』井上章一 朝日新聞出版 2002年 四六判
◇『性欲の文化史 上』井上章一 講談社 2008年 四六判
◇『性欲の文化史 下』井上章一 講談社 2008年 四六判
◇『江戸の下半身事情』永井義男 祥伝社新書 2008年
◇『春画のからくり』田中優子 ちくま文庫 2009年
◇『夜這いの民俗学』赤松啓介 ちくま学芸文庫 2004年
◇『盆踊り 乱交の民俗学』下川耿史 作品社 2011年 四六判
◇『性のタブーのない日本』橋本治 集英社新書 2015年
◇『闇の女たち 消えゆく街娼の記録』松沢呉一 新潮文庫 平成28年
◇『セックスと超高齢社会』坂爪真吾 NHK出版新書 2017年
◇『風俗嬢の見えない孤立』角間惇一郎 光文社新書 2017年

クリックすると元のサイズで表示します
1


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ