2009/4/22  20:44

テニアン島  昭和史
今日、「テニアン島」と言ったら何を連想、想起するのだろうか。

筆者は相変わらず、へたくそな短歌を毎月10首、こねまわしているがちっとも進歩はない。今は「太平洋・大東亜戦争とは何か」を自分に課しているので短歌を詳しく勉強している暇はない。それではいけないのだが、勉強しても詩歌の感性は無いので自信もない。

歌壇に「憲法9条を守る歌人の会」なるものがあるという。内容を知らないので軽々に何か批判するわけにもいかない。だが、歌人に限らず今、多くの日本人は余程のことがない限りすぐに「テニアン島」と言っても思い浮かばないに違いない。サイパンは知っていてもテニアンまでは思いが及ばないのではないか。筆者はいささか戦争関連の本を読んでいるので多少の知識はあった。

先頃HPでお付き合いをいただいている関西の方から、こういう方が居られるとメールをいただき、長崎の方からCD-ROMの提供を受けた。詳しくはページを興そうと考えているが、昭和19年7月、筆者がこの世に生を享けて2週間経った頃、テニアン島の日本軍守備隊は97%が玉砕したと云う。10,000人の日本兵は300人しか助からなかった悲劇の島である。

因みに昭和20年8月、この島から「広島」「長崎」へ原爆投下のB29が飛び立った。

クリックすると元のサイズで表示します
1

2009/4/24  19:48

投稿者:湘南の暇人
yonyonさん、こんばんは。
ブログを見ていただきありがとうございます。
若いころは、母親を泣かせたこともありますが、この年齢にならないと解りませんね。

私の父母の世代、あるいは東南アジアも含めて最悪の世代でしたね。もっぱら読書や録画ビデオでの知識ですが酷いものです。今こんなにアメリカ一辺倒なら何とかほかに方法はなかったのかとつくづく考えます。

戦争の悲惨さは今は誰でも言えます。私は日本自体がなぜこんな戦争をしたのか、戦争を忌避するのでなく少しでも負の遺産として思いを致すことが肝心と思います。

2009/4/23  18:40

投稿者:yonyon
平和という名の下「戦争を知らない子供達」時代を過ごしてきました。テニアン、サイパン、遺骨収拾など、教科書以外のことは何一つ知らずに育って参りました。
母となり、子供の愛しさを感じるにつけ、子供を亡くした母の気持ち、戦争に送らなくてはならなかった妻の気持ちに、想像以上の身を切る思いであったろうと感じるようになりました。
世界の子供達の未来に戦争という文字を残してはならないと強く感じる私です。
暇人さん、平和の願いと、目をそむけてはいけない戦争の真実や想いを、書き綴ってくださることを願っています。

※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ