2019/4/5  22:13

眼鏡買替  身辺些事
自動車教習所で受けた「認知症検査」は何とかクリアできたらしい。だが記憶力・判断力は落ちていると宣っていた。免許証更新には「眼鏡検査」が待っている。小生は右目の視力が5年前よりかなり落ちている。また眼鏡を買い換えるのは必至だった。その決断をせざるを得ない事態になった。

眼鏡は運転用、居間用、読書用と三つある。室内でテレビを見ているときによく見えないので運転用すなわち外出用を使用。外して腹ばいになって雑誌を読むとき、眼鏡は腹ばいの胸の高さだった。突っ伏した途端、ボキボキと眼鏡は潰れた

市内の国道沿いにある「眼鏡市場」で免許用の眼鏡を購入。29000円と格安だった。序に潰した眼鏡も修理して貰った。この店は「補聴器」にも力を入れている。テレビのドラマも男優の声の低音が聞き取れないことがあり、テレビの音声ボリウムは最近夙に上がっている。何れ補聴器も必要となるのは必至。

眼鏡に補聴器、服薬6種類、週に一度の糖尿病予防の皮下注射。間質性肺炎で何れ「酸素ボンベ」着用、腰椎骨折で杖突き歩行の老人。もうすっかり後期高齢者の様相、末期高齢者へまっしぐらだ。

帰路、書店で「正論5月」、「歴史街道5月・昭和史の本質」、「東京人5月・多摩・武蔵野」、「続・マスコミ偽善者列伝」(加地伸行著)を購入。日頃テレビなどで正義や理想を声高に叫んでいる文化人・政治家を滅多切りだ。加地氏は保守的な学者と切り捨てられそうだが、テレビ的キレイごとを言う“常識人”よりは遙かにマシ。

クリックすると元のサイズで表示します
0


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ