2019/4/22  20:53

自民党大敗  政治
日曜日の衆院補選では大阪も沖縄も自民党・公明党の連立与党が落選した。大阪は常に“反中央・東京”という浮動票があるし、沖縄には“反・本土”という逃れられない浮動票がある。オール沖縄などといっても6対4の割合。当初から沖縄は仕方ないと自民党は投げていたようだ。

以前このブログで何度も記述したが「米軍の普天間飛行場の辺野古移設」は反対が多いと言っても、辺野古移設賛成の現地の勢力も少なからず居る。普天間飛行場の民間への地代が年間900億円もあって潤っている人も多いことは、中央のメディアもあまり報じない。年間平均所得が200万円の沖縄は、いつまでも反本土・政府だけでは一向に政治・経済事情は好転しないのではないか。

沖縄の財政は半分以上が国の交付金で賄われているらしい。年間3500億円の予算の配分は、常に公務員中心に終始しているとネットで報告されている。それでは何年経っても政治経済事情は同じ。素人の構想だが、沖縄に米軍基地を避けて北から南へ鉄道でも敷設することの計画でもあれば民間資本を呼び込むことは出来る。抑止力としての米軍基地を撤去できないことは、沖縄自身がよく知っている筈。中国本土に近い与那国島にやっと自衛隊が配備された。だがこれも小規模で本土防衛の捨て石。戦前と同じだ。

月末の仕事の原稿が整いました。暫時ブログ記述は休みます。添付は隣家の藤。

クリックすると元のサイズで表示します
1


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ