2019/4/29  23:48

昭和の日  身辺世相
入院病棟のある大きな病院での診断で「肺気腫」を指摘されてしまった。長年の喫煙が祟ってついに身体の変調はいろいろな検査で判ってしまって自分の身体ながら覚悟は必要だ。速歩や坂道では“息切れ”が甚だしい。

だが自宅でのデスクワークや読書では何ともなく息切れはない。昨日28日、千代田区永田町近辺をカメラ片手に探訪した。皇居の半蔵門が向かい側にある国立劇場、最高裁判所、国立国会図書館、憲政記念館、国会議事堂、警視庁、法務省旧本館の順で撮影して歩いた。往復にはタクシーを利用したが、昔なら難なく歩ける距離だ。

この永田町には国家権力の建造物・機構がいわば国家の中枢が集中している。日本を軍事力で一度やっつけたいと思っている国はいくつかあることは想像できる。政治的権威の皇居と政治的権力の中枢が東京の真中に集中していることは素人でも解る。権力機構の分散と東京一極集中を打開するのは大きな意味での“道州制”、個々には日本維新の会の大阪都構想などが現実的。

ユーチューブでニューヨークの9・11テロなど見ると日本はアメリカに比べて決して懐は深くないと思う次第。テロよりは首都圏大地震の確率が高いとも思えるが。今日は昭和の日、明後日、平成時代も終る。

クリックすると元のサイズで表示します
2


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ