2019/4/30  23:03

又たられば  身辺世相
04月27日は、所属結社の表紙絵を描いている画家の「創展」を有楽町へ見に行く筈だった。だが当日は朝からしっかりとした降雨。5年半前、腰椎骨折をしてから杖を使用している聊か情けない老人。傘を差しながらカメラ行脚は物理的に不可能。じじつ翌日は晴れたので、皇居の西側、東京都千代田区永田町の日本の権力の中枢を撮影してきた。

三権は司法・立法・行政だが司法のトップ、最高裁判所の正面は撮影出来ず、警視庁の向かい側、法務省旧本館の赤レンガの建物を撮影して“司法”の建造物とした。何れも所属結社の短歌誌の画像カットである。

昨年の04月28日、土曜日は、中央競馬の天皇賞の前日、序に勝ったダービートライアル「青葉賞」が5点で的中。10970円の万馬券で10万円をゲットした。今回も夢よもう一度で昨年と同じく美浦・藤沢和雄厩舎のランフォザローゼスを買うつもりだった。結果は2着で配当は2120円。勿体ないことだった。当日の天皇賞は、その前年の青葉賞の2着馬だったエタリオウは4着だった。購入しないのが正解だった。歴史とギャンブルに“たら・れば”は良くないが事実は事実。

何度も言うが、日本の中枢機関の集中は安全・防衛上、大いに問題。むろんシークレットだが権力のカーボンコピーはどこかに存在している筈。他国の秘密を盗み取るのが国是の中国・ロシア・北朝鮮に対する警戒はしている筈だが、無防備かも知れない。

添付は最高裁判所の側面。

クリックすると元のサイズで表示します
1


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ