2019/5/6  21:52

肺気腫入院  身辺些事
4月中旬、度々検査を受けていた病院で「肺気腫」と診断され、この連休明け遂に入院することになった。明日05月07日から7〜10日間ほどの期間を有する見込み。だが癌・心臓など大きな手術をするわけでなく、これからの生活に必要になる“酸素ボンベ”を装着して暮らす訓練・リハビリになるらしい。情けないが50数年の喫煙が祟って己の肺機能は必要な酸素を取り込めなくなっている。自業自得の極みだ。

道理で長時間のウォーキングでは、最近すぐ息が上がるし、咳き込みもある。自宅で寝そべってテレビ視聴や読書の生活では、どうということはないのだが肺機能は壊れれば、それが元通りの機能になることは無いらしい。

退院後は訪問介護の援助になるらしく、今でも年間10数万円の医療費を更に増やすことになる。国家の医療状態の“金食い虫”という非国民の按配。

入院してもスマホでこの掲示板を見ることはできるが書き込めない。画像掲示板は書き込み可能らしい。退院までこの掲示板はお休みします。

添付は、休憩しつつ一昨日、南麻布近辺を散策したときのもの。官軍の総大将・有栖川宮熾仁に因んだ公園。麻布は大使館の多い御屋敷町だった。

クリックすると元のサイズで表示します
3


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ