2019/5/20  23:36

入院生活01  身辺些事
退院して4日目だが、加齢のせいかだいぶ前のように感じる。とにかく入院は良くない。初夏なので4時半には病室は明るくなるが、することはない。朝食は配膳の都合か8時、それでいて昼食は12時、夕食は18時だった。入院患者の都合ではなくあくまで看護師の都合のようだ。

不幸中の幸いか「呼吸器」は7階でしかも窓際だったので平塚市の西半分を眺望できた。海沿いには高麗山があり相模湾も見える。遠く箱根連山、足柄山、丹沢山系、大山国定公園の山並みも見え、夏なのに午前7時前には富士山も鮮やかだった。

日向岡のトンネルから東京へ向う新幹線が見え、平塚近辺では西へ向う新幹線が交差した。バブルの頃、6〜7千万円もした日向岡の建売住宅群が積み木かマッチ箱のように見えた。今では半値以下に違いない。日向岡という丘の上だから、ここを争って購入した家では持主が高齢化、車が無ければ町中へ出られない。且つ自宅車庫から入口までは石段を昇るということ。

朝食が8時なので「酸素ボンベ」を背負って7時開店の1階の売店へ毎日通った。新聞、週刊誌、月刊誌も毎日購入、一日分の茶・水分、夜食用の小さなパン、貧しい朝食のためにフリカケなど購入。売店では産経新聞が置いていないという“ケシカラン”状態。試しに買った朝日新聞と神奈川新聞はつまらなかった。

添付は入院三日前に探訪した南麻布。ノルウェー大使館の敷地のものか否かよく判らない。

クリックすると元のサイズで表示します
3


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ