2019/6/28  21:23

月光仮面  身辺些事
このteacupのブログで言いたいことを言って記述してきた。最初は2008年、平成20年07月の七夕の記事。その頃、「湘南平塚七夕祭り」の竹飾りは電動式できらびやか。特選の常連は「滝口カバン店」「平田人形店」だった。だがこの二つの店は既に閉店。後者は更地になっている。諸行無常・栄枯盛衰というしかない。

このブログを始めたときは単に日常生活の些事、読書日記、デジカメ行脚の披瀝だった。遡って調べたら1400回を数えた。最近は自分の主義主張は“天邪鬼”を自認。75年の人生ならばその「来し方」は、長閑な新聞の見出しのような正義論・理想論にならないが仕方がない。

カッコよく言えば、一匹狼。自分で勝手に名付けた“MSK症候群”(見て見ぬふり・触らぬ神に祟り無し・臭いものに蓋)に敏感に反応する。いわゆる“全体の空気”は、違和感を覚える体質になってしまった。政治の世界では今でも「新自由クラブ」「日本新党」を評価する少数意見。労働組合も経験したが所詮下々の組織も学歴社会で、日本の組織は須らく互助会方式だと思う昨今。

この地球上で最も強大で民主主義の国が、世界の負を抱える按配でドナルド・トランプが出現、保護貿易を言い、強大な軍事力と外貨を有する独裁国家・中国が自由貿易体制を叫ぶ。綺麗ごとを言ってばかり言う日本は危険だ。月光仮面のオジサンを呼んで悪い奴をやっつけて欲しいと願うばかり。

添付は新橋駅前にある川内康範の碑文。川内は「月光仮面」の作者で脚本家・作詞家・詩人。多くの歌謡曲の名作を残した。「街はこんなにも明るいのに どこかに翳りのある こころのささくれ あなた語らずにぬくもりを 求められずにぬくもりを あの街に この街に」

クリックすると元のサイズで表示します
1


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ