2019/8/13  23:50

渡辺和子  昭和史
昨日取り上げた保阪正康は、「昭和史」というジャンルを起ち上げたといってもいいノンフィクション作家。平成時代は「昭和回顧」というブームもあって売れっ子作家になった。むろんそこには誰もが認める努力があったのは言うまでもない。下記の本では13人の昭和を代表人物が書かれている。

『昭和の怪物 七つの謎』(講談社現代新書)2018年
『続 昭和の怪物 七つの謎』(講談社現代新書)2019年

◇東條 英機 1884─1948 陸軍軍人、第40代総理大臣
◇石原 莞爾 1889─1949 陸軍軍人
◇犬養  毅 1855─1932 第29代総理大臣
渡辺 和子 1927─2016 ノートルダム清心学園理事長
◇瀬島 龍三 1911─2007 大本営作戦参謀 伊藤忠商事会長
◇吉田  茂 1878─1967 第45・48─51代総理大臣

◇三島由紀夫 1925─1970 作家
◇近衛 文麿 1891─1945 第34・38・39総理大臣
◇橘 孝三郎 1893─1974 農本主義思想家
◇野村吉三郎 1877─1964 海軍軍人、駐米日本大使、日本ビクター社長
◇田中 角栄 1918─1993 第64・65代総理大臣
◇伊藤 昌哉 1917─2002 政治評論家
◇後藤田正晴 1914─2005 警察官僚・中曽根康弘内閣官房長官

渡辺和子や伊藤昌哉は軍人でもなく政治家でもなく怪物とは言えない。2016年12月、渡辺和子は89歳で亡くなった。生涯シスターだった。1936年・昭和11年、勃発した二・二六事件で陸軍教育総監・渡辺錠太郎が惨殺された。当時満9歳の和子は目の前で父の暗殺に遭遇した。狙撃は機関銃だった。前記の本に著者のインタビューが詳説されている。渡辺和子の死についてはこのブログでも(2017/3/1)取り上げたことがある。前記の著書に詳しいが渡辺和子は生涯、事件の真の首謀者は許さなかった。それは血気盛んな陸士卒の若者を焚きつけたいわゆる当時の皇道派の陸軍大将・荒木貞夫、真崎甚三郎のこと。昭和天皇の怒りを知ると責任を回避、軍事法廷でも無罪だった。

渡辺和子は聖心女子大卒業後、経緯は省くが29歳で洗礼を受け、修道会に入る。昭和61年、二・二六事件の首謀者・青年将校の法要が行われた。事件のとき渡辺錠太郎教育総監にトドメを刺した安田優陸軍少尉の弟・善三郎は、法要に誘われて参加した渡辺和子の態度に感銘してカトリックに入信したという。晩年の『置かれた場所で咲きなさい』は、220万部のベストセラーになっている。(文藝春秋2017・03月号・蓋棺録P517参照)

この陸軍のクーデターが失敗したのは、当時30代前半の昭和天皇の逆鱗に触れたことだ。幼少時から育ててくれたのは終戦時の首相・鈴木貫太郎・たか夫妻。この事件で鈴木は瀕死の重傷を負った。たか夫人が「トドメは自分がします」と言って難を逃れた。総理大臣経験者、高橋是清・斎藤実、岡田啓介総理大臣は間違って松尾伝蔵が惨殺されている。東北農村の疲弊など“昭和恐慌”が背景だが天皇側近にまで、何故殺戮に及んだのか、よく解らない。部内で対立していた陸軍中枢に外国情報部が介在!?していたという説もある。

クリックすると元のサイズで表示します
4


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ