2019/8/18  20:14

ユーチューブの残酷  身辺世相
先週末、どのワイドショーでも取り上げていたいわゆる“煽り運転”の指名手配犯人の逮捕の一部始終が、もうユーチューブにアップされていた。運転事故などは、ドライブレコーダーの発達で加害者・被害者も委細を判定しやすくなっているからその発展は納得する。スマートフォンの発達が速い、というより凄まじい。「スマホ」も「ドラレコ」も機能が発展しただけでなく画像も鮮明になっている。更には防犯カメラの発展も凄まじい。いつぞやは「渋谷交差点」で大暴れして車を横倒しした若者が逮捕されてびっくりした。これは防犯カメラを辿った結果。これも更に映像が鮮明になる筈。

直近の事件、過去の大事件などユーチューブの発達で、映像でいわば確認することが容易になった。ことの速報だけではなく、昔の“百科事典”と同じこと。電話・カメラ・ビデオ・SNSとツイッターなるものはアメリカ大統領の動向も可能で自らの発信だ。筆者は当初は、SLのメカニズムと平昌オリンピックの小平奈緒の走りのみの閲覧だった。

2011・平成23年のいわゆる「3・11」宮城県沖の大地震と津波の映像は見ないことにしていた。当時スマホではなくいわゆるガラケー全盛だったから、津波の映像は多分、ビデオカメラの撮影だった筈。それがこうも容易く見られるのはかなり残酷でもある。

そのときの釜石市市役所からの映像は、何度見ても残酷だ。後ろを見返すことの多分不可能な老人二人は、懸命に「早く逃げろ!」の声に対応できず(多分轟音で聞こえない)、明らかに逃げ遅れて為す術なく立ち止まってしまった。前方に襲来した波に車がのたうち回っているのが見える。手前の車も波に乗ってやってきた。この後、直ぐに左側の建物も無惨に流されたので、この老人二人も直ぐ、波に攫われたものと思う。

ユーチューブは昔のスポーツ選手(例えば貴乃花)の活躍を見るに限る。

クリックすると元のサイズで表示します
2


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ