2019/10/23  22:16

天皇即位  身辺世相
「令和」なる元号で新しい時代が始まったが、たいしたことはないと思った台風19号襲来で、新時代は嵐の船出になった。新天皇は22日の即位礼の儀式で内外に“代替わり”を宣言。日本文化・皇室の代表として頑張って頂きたい。こんな風に言うと不謹慎だと言われかねないが、現実の問題として天皇は100人の外交官に匹敵すると言われている。まして新皇后は外務省のバリバリのキャリアだったから英語・フランス語・ロシア語が堪能、令和時代の皇室の象徴になるかも知れない。

話は変わるが、物心ついてから09月26日は筆者の記憶は鮮明。昭和29年は10歳、新聞を読み始めた年齢。「洞爺丸」が転覆した「洞爺丸台風」、1300人の死者、400名が行方不明になった。昭和33年の伊豆半島の「狩野川台風」、1200人が犠牲になった。昭和34年は、筆者の中学3年生、「伊勢湾台風」は大波の襲来、5000人もの人間が命を落とした。令和の天気予報は確実性が増した。インフラも進んでいた。犠牲者は少なくて済んだのかも知れない。

新天皇の皇居から赤坂御所へのパレードが延期された。11月10日に降雨が無い事を祈る。最大のイベント「大嘗祭」は11月14・15日。

月末の短歌会の文字入力の原稿が整いました。ブログは暫時休みます。

クリックすると元のサイズで表示します
1


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ